Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Web3・SDGs時代 読むべき“未来予想本”

ジョルダンの子会社である悟空出版は、2023年6月28日に新刊『アートが変える社会と経済』〜AI、NFT、メタバース時代のビジネスと投資の未来〜を全国の書店とネット書店で発売開始する。これは、悟空出版が時代の新潮流を伝えるメディア「ネクスト・カルチャー・メディア」を立ち上げたのを機に第一弾としての出版となる。Web3時代の到来はブロックチェーン、NFTなどの技術を浸透させて、これから到来するコミュニティ経済の礎を作っている。adf-web-magazine-society-and-the-economy-transformed-by-art-1

AIが注目される時代、アートは、シェアリング・エコノミーとシンクロし、SNSなどを媒介し、音楽に続く僕たちの生きる糧となる、魅力的な表現として注目される。この世界はこれからなのだ。そう訴えるのは、アートとビジネスに精通する著者倉田。元金融のプロがアート界に転身して25年で見えてきた世界経済の潮流とは。アンディ・ウォーホル、バンクシー等、アートを通して、これから必ずやってくる新しい資本主義を予見する一冊となる。adf-web-magazine-society-and-the-economy-transformed-by-art-2著者の倉田は、「今後、アートの投資価値は上昇し、NFT(テクノロジー)、メタバース(想空間)上で新たな評価を生み、コミュニティ経済、クリエイターエコノミーが新たなビジネスを創出する」とし、まさに、これからは、~アート「表現」×「自己実現(個で稼ぐ)」の時代がやってくると語る。今、起こりつつある経済の仕組みの変化を、NFTアートを含めた現在のコンテンポラリーアートの潮流とともに紐解き、近い将来に起こりうる新たな資本主義の可能性を解き明かす。

第5章の著者推薦「20世紀の歴史に残る注目アーティスト達」の紹介

目次
  • 倉田陽一郎が伝えたいこと
  • 仮想通貨が行き過ぎた資本主義経済を破壊する!?
  • ブロックチェーンとコミュニティ経済が「当たり前」になる時代
  • AIとも連携、デジタルから生まれる「新たなアート」が出現
  • Z世代にはメタバースがよく馴染む
  • NFTアートがメタバース上で新たな価値を生む
  • アート投資はベンチャー投資より儲かる時代がやってくる
  • 音楽に続け、DNAをざわつかせる注目アーティスト紹介

倉田陽一郎

1965年三重県生まれ。1987年東京大学経済学部卒業。外資系金融機関(merchant bank)を経て、投資顧問会社創業。金融危機の際に金融担当大臣(当時、柳澤伯夫)秘書官として日本の金融システム再生に参画。2001年よりアートオークション会社シンワアートオークション代表取締役社長に就任してアートに専念。日本初アートオークション会社の株式上場を主導。オークション会社経営22年。2017年ブロックチェーン技術を学び、マイニング、ステーキング等の関連事業を立ち上る。2021年よりNFTアートの販売を開始。2022年より江戸バースプロジェクトにかかわる。日本テレビのアート番組The Art Houseにオークショニアとして、レギュラー出演。アートコレクター。ワインコレクター。現Shinwa Wise Holdings代表取締役社長。

『アートが変える社会と経済』〜AI、NFT、メタバース時代のビジネスと投資の未来〜

著者倉田陽一郎
定価1,980円(税込)
発売2023年6月28日
仕様46並製 

pwa