ハプスブルク展概要

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が2019年10月19日から2020年1月26日まで国立西洋美術館で開催されている。ハプスブルク家は13世紀後半にオーストリアに進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げた。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占。ハプスブルク家がオーストリア系とスペイン系に系統分化した16〜17世紀には、後者がアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有したことにより、「日の沈むことのない帝国」となった。ナポレオン戦争を引き金とした神聖ローマ帝国の解体後は、オーストリア帝国(1867年にオーストリア=ハンガリー二重帝国に改組、~1918年)を統治する。

adfwebmagazine_habsburg

ディエゴ・ベラスケス 《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》 1659年、油彩/カンヴァス、ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien

ハプスブルク家は豊かな財とネットワークを生かして、質、量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られる。このうちオーストリアを拠点とし続けたハプスブルク家本流による収集品の主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世肝煎りで1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となった。

オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点、5章7セクションによって、そのコレクションを紹介する。個性豊かなハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行いつつ、時代ごとに収集の特色やコレクションに向けられたまなざしのあり方を浮き彫りにする。

イベント概要
展覧会名日本・オーストリア友好150周年記念ハプスブルク展600年にわたる帝国コレクションの歴史
会期2019年10月19日(土) - 2020年1月26日(日)
会場国立西洋美術館(東京・上野公園)
開館時間9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで。11月30日[土]は17:30まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日毎週月曜日(ただし11月4日(月・休)、1月13日(月・祝)は開館)、11月5日(火)、12月28日(土)〜1月1日(水・祝)、1月14日(火)