ザ・コンランショップ25周年

ギリスを代表するデザイナー、テレンス・コンランによって始まった ザ・コンランショップ(The Conran Shop)は、今年で日本上陸25周年を迎える。「PLAIN SIMPLE USEFUL ― 無駄なくシンプルで機能的に」。この変わらぬ理念のもと、家具や照明からキッチンツールやアートまで展開するホームファニシングショップの先駆けとして、豊かな暮らしのあり方を伝え続けてきた

adfwebmagazine-conran-sub8

「The Way We Live」は、そんなザ・コンランショップの今と未来を伝えるメッセージだ。現代の暮らし方は「多様性」。インテリアの好みも人それぞれで、個性を輝かせる方法は一つではないはず。上質な家具でつくる空間に、自分自身が「楽しい、美しい、心地いい」と 思う照明や小物を選び、加えていく。自分自身のセンスとカンで自分に似合うアートや食器を見つけ出す。そういった、個性を輝かせるための買い物のサポートをする場所でありたいとザ・コンランショップは考えている。ザ・コンランショップの日本上陸25周年を記念し、「優れたデザインで人々の日常生活を豊かにする」というザ・コンランショップの信念に共感し、その歩みを支え続けてきてくれた数々のブランドとコラボレートした限定品を販売する。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

また、ザ・コンランショップ新宿本店では、テレンス・コンランの回顧展「The Essence」も併せて2019年9月12日から11月4日まで開催する。イギリスのバートン・コートにあるテレンス自邸の広々としたオフィスは、数々のアイディアやデザインが生まれた場所でもある。回顧展期間中は、テレンス・コンランのオフィスの一部を店内に再現する。アーカイブや映像を通して、テレンス・コンランのデザインや暮らし方に対する想いや、心地よい暮らしのエッセンスを探る。

Barton Court

“Essence” テレンス・コンランのオフィスの一部を店内に再現。