イベント概要

寺田倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムは、2019年11月8日(金)から2020年1月18日(土)まで、アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホール(Steven Holl)の企画展「Steven Holl:Making Architecture」を開催する。本展はスティーブン・ホールの近作を中心として企画され、2018年のニューヨーク展を皮切りに、ソウル、北京、南京、上海に続く日本巡回展となる。

adf-steven-holl-sub2

スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィスを構えながら精力的に活動を続けており、世界中で多くのプロジェクトが進行している。ホールの設計の源は、毎朝描かれる水彩画であり、愛用する5”x7”(約12.7cm×17.8cm)のスケッチブックに描かれた水彩画はのべ3万枚を超える。水彩画のイメージを基にし、3Dモデリングツールによってスタディされ、模型が制作され、またスケッチに戻る。原初的なアプローチと最先端デジタルツールの双方を駆使し、検討を繰り返すというプロセスからホール独自の建築が生み出されてきた。

adf-steven-holl-sub1

本展では、上海展から追加された6作品を含め、ホールの近作17作品を中心に、100点を超えるドローイング、スタディ模型、プレゼンテーション模型、建築図面や映像延べ150点が日本で初じめて展示される。模型とドローイングによるスタディを繰り返し、ホールがどのようにアイデアから実作に進めていくかのメイキング(プロセス)を垣間見ることができる内容だ。また、「Making Architecture(建築をつくる)」、そのシンプルかつ信念に溢れるホールの手法とホールが拘り続ける創作の姿勢を垣間見れる。なお、会期中の2019年11月12日(火)には明治大学アカデミーホールにて、スティーブン・ホール特別来日講演会を開催する。

adf-steven-holl-sub3

adf-steven-holl-sub4

adf-steven-holl-sub13

「Steven Holl:Making Architecture」展の見どころ

■世界的建築家スティーブン・ホールの13年ぶりの日本での個展
■ホールが建築(作品)を作り上げるまでのメイキング(プロセス)を余すところなく展示
■巡回展終了後にホール自身の財団に収蔵される予定の展示品が日本で見られる貴重な機会
■毎朝描かれる3万枚の水彩画から選び抜かれた約100枚を大公開
■様々な設計プロセスの各段階において作られた精巧な模型
■ホール自身が解説する建築ムービーを含む貴重な映像
イベント概要
展覧会名Steven Holl:Making Architecture
会 期2019 年 11月 8 日(金)〜2020年 1月 18 日(土)
会 場建築倉庫ミュージアム 展示室A、B
〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10
開館時間火〜日 11 時〜19 時(最終入館 18 時)
休館月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入 場 料一般 3,100 円、大学生/専門学校生 2,000 円、高校生以下 1,000 円 *オンラインチケット制