「アートセンターをひらく」第Ⅱ期

2020年に開館30周年を迎える水戸芸術館現代美術センターは、移り変わる社会の中でアートセンターに求められる役割を探る企画「アートセンターをひらく」を2期に分けて実施している。2019年3月から5月にかけて行った第Ⅰ期では、アートセンターを「アートが生まれる場」と捉えなおし、ギャラリーをアーティストや来場者の「創作と対話」のために活用。2019年10月26日より始まる第Ⅱ期では、展覧会を軸に、対話とさまざまな活動を育む場としてギャラリーを活用する。

mitoart

本展覧会では、第Ⅰ期にて1カ月の滞在制作を行った招聘アーティスト6名、呉 夏枝、ハロルド・オフェイ、砂連尾 理、末永史尚、潘 逸舟、毛利悠子、エマニュエル・レネが地域や水戸芸術館をリサーチし、市民の協力を得て制作した新作を発表する。また、第Ⅰ期から継続中の砂連尾理による対話と身体表現のワークショップ「変身」の様子を公開し、最終発表を行う予定。

ギャラリー内のワークショップ室には人気の「カフェ」が12月5日からオープンし、様々な人々が思い思いに過ごし、出会い、活動できる場を設ける。作品をきっかけに対話や関わりが生まれ、"次へ"と繋がりうる社会的な場としてアートセンターをひらくことで、求められるアートセンターの役割を実践的に探る。

arttowermito

©︎水戸芸術館 撮影:田澤順

イベント概要
展覧会名アートセンターをひらく
会場水戸芸術館 現代美術ギャラリー
会期2019年10月26日(土)~2020年1月26日(日)
時間9:30〜18:00(入場時間は17:30まで)
休館日月曜日、11月5日(火)、年末年始(12月27日(金)~1月3日(金))、1月14日(火)
*ただし、11月4日(月・振)、1月13日(月・祝)は開館
出品作家呉 夏枝、ハロルド・オフェイ、砂連尾 理、末永史尚、潘 逸舟、毛利悠子、エマニュエル・レネ
お問合せ水戸芸術館(代表) TEL:029-227-8111