舘鼻則孝 個展「Noritaka Tatehana : REFASHIONING BEAUTY」|ポートランド日本庭園

Noritaka Tatehana ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Photo by GIONHeel-less Shoes, 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKAHeel-less Shoes, 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKAVoid Sculpture, 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GIONWoodcuts, 2019 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION"Cloud Painting", 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GIONOverlooking the Sand and Stone Garden in the Morning ©︎Portland Japanese Garden Photo by Roman Johnston

展示概要

舘鼻則孝 個展「Noritaka Tatehana : REFASHIONING BEAUTY」が海外における最高の日本庭園と評されるポートランド日本庭園で2019年12月1日まで開催されている。1967年に開園されたポートランド日本庭園は、アメリカ・オレゴン州に位置するワシントン・パーク内の12エーカーの敷地に異なった8つの庭園様式で構成された日本庭園があることが特徴。園内には、ギャラリースペースや図書館、レクチャーホールからカフェまでが併設され、日本の伝統文化やアートの魅力を感じることのできる文化交流の拠点となっている。また、2017年には世界的に著名な建築家である隈研吾によって新設されたカルチュラル・ヴィレッジが大きな話題を呼んだ。

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_7

Sapporo Lantern in Late Summer Dusk ©︎Portland Japanese Garden Photo by Roman Johnston

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_6

Overlooking the Sand and Stone Garden in the Morning ©︎Portland Japanese Garden Photo by Roman Johnston

ポートランド日本庭園内の2箇所のギャラリースペースにて展示される舘鼻の作品総数は50点以上にも及ぶ。舘鼻の代表作である花魁の下駄から着想を得たレディー・ガガの履く「ヒールレスシューズ」に始まり、花魁の簪をモチーフとしたヘアピンシリーズ、近年精力的に取り組んでいるペインティングシリーズなどを出展。さらに、最新作として日本独特の香文化から着想を得た作品「ウッドカッツ」までを網羅した10年間の軌跡を追った展覧会構成となっている。

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_1

”Heel-less Shoes”, 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_2

"Heel-less Shoes", 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_3

"Woodcuts", 2019 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION

adfwebmagazine-Noritaka-Tatehana_5

"Void Sculpture", 2018 ©︎NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION

舘鼻 則孝(たてはな のりたか)|アーティストプロフィール

1985年東京生まれ。東京芸術大学美術学部工芸科卒業。 歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京芸術術大学では染織を専攻し遊女に関する文化研究とともに友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。卒業制作であるヒールレスシューズは花魁の下駄から着想を得たものである。近年はアーティストとして展覧会を開催する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。2016年3月には、仏カルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督「TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge」を公演した。作品はニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

展示概要
展覧会名Noritaka Tatehana : REFASHIONING BEAUTY
会場ポートランド日本庭園(PORTLAND JAPANESE GARDEN)
611 SW Kingston Ave, Portland, OR 97205 アメリカ合衆国
会期2019年10月5日(土)〜12月1日(日)
時間12:00 - 16:00(月)/ 10:00 – 16:00(火〜日)
入場料一般:18.95ドル / シニア(65+): 16.25ドル / 学生(with ID)15.25ドル / 6〜17歳:13.50ドル / 5歳以下: 無料
URLhttps://japanesegarden.org