2019年9月21日(土)から10月6日(日)、二条城を舞台に、長年にわたって京都を撮り続けてきた写真家、甲斐扶佐義の初回顧展、「京都詩情」が開催される。彼の作品を愛するフランス人キュレーター、パスカル・ボースのキュレーションによって、これまで世界各国で紹介されてきた甲斐扶佐義の魅力を味わえる機会となっている。また、本展は「ニュイ・ブランシュKYOTO 2019」の プログラムの一つ。芸術家の集う店、美女とネコ、通りで遊ぶ子どもたち、夕立のなか買い物へ出るお婆さんといった被写体へ向けられた甲斐の眼差しは温かさに満ちている。1960年代から現在に至るまで、京都の大小様々な出来事を捉え続けてきた甲斐の作品には、京都に対する愛が溢れるとともに、見慣れた街を異化するような独特の詩情が漂う。

adfwebmagazine-fusayoshikai-sub1

カメラを持って街中をほっつき歩く。それだけで幸せなのだ。

甲斐扶佐義(『地図のない京都』より)

adfwebmagazine-fusayoshikai-main

甲斐扶佐義​

2015年に火災で失われた、岡林信康、中尾ハジメらと開いた伝説の喫茶店「ほんやら洞」、いまでも夜な夜な様々な文化人が集う「Bar八文字屋」、甲斐扶佐義(1949年大分生)はこれらの経営者であり、文筆家、そしてなによりも京都を愛し京都を撮り続けている写真家。90年代には京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載し、2001年より連続的に欧米各地で招待個展を開催。写真集は「路地裏の京都」「Beautiful Women in Kyoto」「京都の子どもたち」等、40冊以上出版。

イベント概要
展覧会タイトル「京都詩情」写真家 甲斐扶佐義 初回顧展 
会期2019年9月21日(土)→10月6日(日) 16日間 会期中無休 
会場世界遺産 元離宮二条城 二の丸御殿台所(重要文化財) 
料金無料( *別途入城料が必要(入城料:〜9/30一般600円、10/1〜一般620円) )
開場時間午前8時45分~午後5時(入城は午後4時まで)