ライカCL Edition Paul Smith 概要

ライカCL Edition Paul Smithは、世界的に有名なイギリスのファッションブランドPaul Smithとの2度目のコラボレーションとなる特別限定モデル。クラシックな印象のブラックカラーの「ライカCL」が、Paul Smithのチームによって新たなカラーリングとなり、控えめながらも色鮮やかな外観に仕上がっている。ライカCLはAPS-Cフォーマットを採用、レンズはエルマリートTL f2.8/18mm、フルサイズ換算すると27mm相当の画角となる。

adfwebmagazine_Leica_CL_Edition_Paul_Smith

第二弾となるコラボレーションのデジタルカメラは、大胆なアクセントカラーやカラフルなストライプといったポール・スミスらしい色使いが特徴。カラーリングは、ポール・スミスが27色もの色を組み合わせてカスタマイズし、2016年に発表したランドローバーのアイコニックなSUV車「ディフェンダー」からインスピレーションを得たもの。世界限定900セットでコラボレーションしたデジタルカメラの本体にはそれぞれシリアルナンバーが付けられるほか、ポール・スミスの手描きによるイラストがあしらわれている。ユニークな「目」のスケッチがビューファインダー上部に、ポール自身の独特な筆跡で綴られた’look and see’の文字が液晶ディスプレイの上部に見られる。

adfwebmagazine_Leica_CL_Edition_Paul_Smith2

adfwebmagazine_Leica_CL_Edition_Paul_Smith1

adfwebmagazine_Leica_CL_Edition_Paul_Smith3

今回のセット用に特別に作られたプレゼンテーションボックスには、特別なデザインを施したライカCLボディをはじめ、高性能な広角レンズ、ライカ エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.がセットになっているほか、Paul Smithとライカによる特別なデザインのネオンカラーのロープストラップと、レンズ用クロスおよび証明書が付属する。また、無駄を削ぎ落して本質を追求するバウハウスの姿勢は、ライカのプロダクトデザインにも深く浸透している理念。この基本理念を提唱したバウハウスの設立100周年を記念し、ライカCL bauhaus 100周年editionも同時に発売されている。

プロダクト情報
製品名ライカ CL “Edition Paul Smith”
展開日2019年11月16日(土)
価格¥550,000 (税抜)
販売数世界限定900セット
展開店舗ポール・スミス公式オンラインショップ、および一部のポール・スミス ショップ (ポール・スミス スペース、六本木店、丸の内店、渋谷店、大阪店、三条店、福岡店、金沢店、渋谷パルコ店、GINZA SIX)
ライカストア、ライカブティック