G2eBj5vNfoc

チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が今年も019年11月29日から 2020年2月2日まで開催される。2017年に続き、チームラボ(teamLab)が約2万米の舞鶴公園の福岡城跡をインタラクティブな光のアート空間にデザインする。

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka1

福岡城は1601年から7年の歳月をかけて築かれた。城の規模としては九州一の巨城。本丸、二の丸、三の丸などの中心部は総石垣造りで、別名、石城とも呼ばれる。今も美しい石垣が、四層に分かれ、非常に広大な史跡となっている。 チームラボは「Digitized City」というアートプロジェクトを行っており、これは非物質的であるデジタルテクノロジーによって、街を物理的に変えることなく「街が街のままアートになる」というプロジェクト。 「チームラボ 福岡城跡 光の祭」は美しい石垣のある福岡城跡の中心部約2万平米を人々の存在によって変化させるインタラクティブな光のアートとなっている。今回は、光で描かれた黒い八咫烏が大天守台跡の石垣を飛び回る「石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス - 石城大天守台跡」や、福岡の礎を築いた福岡藩の藩祖 黒田官兵衛らをペイントする「お絵かき黒田官兵衛」など、新たな4作品を含む計7作品を展示する。

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka2

呼吸し呼応する石垣 - 石城跡 / Breathing Resonating Stone Wall - Fukuoka Castle Ruins teamLab, 2017, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka3

大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives in the Stone Wall - Fukuoka Castle Tower Ruins teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka4

自立しつつも呼応する生命の森 / Forest of Autonomous Resonating Life teamLab, 2018, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka5

石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス - 石城大天守台跡 / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as Well in the Stone Wall - Fukuoka Castle Tower Ruins teamLab, 2019, Digital Installation, 4 min 20 sec (loop), Sound: Hideaki Takahashi

adfwebmagazine_teamlab_fukuoka7

お絵かき黒田官兵衛 / Sketch Kuroda Kanbei teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, Kenta Matsukuma, Jun Tanaka (Big Cats Creatives)

展示情報
展示会名チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020
会期2019年11月29日(金)~2020年2月2日(日)※会期中無休
時間18:00~22:00 (最終入場21:30) ※12/31は25:00まで開催
会場 舞鶴公園・福岡城跡(福岡市中央区城内)
入場料当日券: 大人: 1,200円 中・高校生: 800円
前売り券: チケットぴあ / セブン-イレブンで販売