Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

展示会概要

渋谷ヒカリエCUBE 1, 2, 3では、刺激的なアートワークをフォーカスし発信するプロジェクトの第8弾、「レバップ ネオ・カウンター・シェイプvol.8 を開催。近年、海外で作品を発表するレバップな3名(モリベン>2017 シンガポール/イタリア、市川健治>2017 シンガポール/マレーシア、井口真吾>2018 台北)が集結。アートで国境を越えた3名のボーダレスなアートが展開されます。入場無料ですのでご興味がある方は是非、ご来場下さい。

adfwebmagazine-REV-UP

Ben Mori "Hammer Head": REV UP vol. 8

参加アーティスト

森勉   モリベン

東京生まれ。日本人の父とアメリカ人の母を持つ。慶応普通部を卒業後イーストコーストのスクールへ。その後、RISD(ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)に 入学しグラフィック・デザインを専攻。卒業後帰国し、ファッション・デザイナー/アーティストとしての活動を開始。ここ近年はアーティスト活動にフォーカスしている。

2015-2016 にはセゾン現代美術館が運営するアートギャラリーのメイン契約作家にも抜擢される。国内外アートフェアにも数多く参加(ARTKYOTO・ART FAIR TOKYO・NCArtFair NY・渋谷ヒカリエ 8/CUBE 1, 2, 3 出展・・・他)。

市川健治  イチカワケンジ

1967 年、長野県生まれ。1997 年、武蔵野美術大学大学院造形研究科修了。1988 年に考案した「ピクセル・モンタージュ(Pixel Montage)」という技法を用いた作品のスタイルで、日本グラフィック展、日本ビジュアル・アート展、APA 日本写真ビエンナーレ、プリンツ 21 グランプリ展、現代日本美術展、岡本太郎現代芸術賞等、数々のコンペティションで受賞歴を持つ。東京・名古屋・上海・ニューヨーク・ミラノ・ボ ローニャ・アムステルダム・ゲント・ヴィースバーデン・ブエノスアイレス等、国内外 を問わずアートフェアや展覧会に出品。「ウタマロケンジ」としても活動中。

井口真吾  イグチシンゴ

1957 年、広島生まれ。1983 年、漫画雑誌「ガロ」でデビュー。

2006 年以降、「Z Chan」以降は表現の場を主にアートに移しており、個展をはじめ、国内外のアートフェアでも作品を発表。2010 年、上海万博の公式パビリオンでおこなわ れた日中 12 人のアーティストによる『上海万博記念版画展』では、草間彌生や横尾忠則らとともに、Z Chanの版画も発表された。

著書:「改訂版 Z CHAN ロータス」(青林工藝舎)、「Z ちゃん かべのあな」(ビリケン 出版)、「バンロッホのはちみつ」「バンロッホのチューリップ」(学研)、「いちねんせい になったあなたへ」江國香織との共著(小学館)「VANROGH’s HONEY」(六耀社) など。

会場渋谷ヒカリエ 8/CUBE 1, 2, 3
会期2019年7月30日(火) - 2019年8月 4日(日)
時間11:00 - 20:00
料金入場無料