Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

イベント概要

千葉県松戸市は、先端科学と芸術が融合した世界的に珍しいフェスティバル「科学、芸術、自然をつなぐ国際フェスティバル科学と芸術の丘2019』」を2019年11月16日(土)、17日(日)の2日間にわたり戸定邸にて開催する。松戸市が掲げる文化を軸とした都市ブランドづくり、デザイナーやアーティストが活躍できるまちづくり政策の一環として、「科学、芸術、自然をつなぐ未来の国際創造都市」の実現を目指し、戸定の丘を中心とした自然の中で、世界最先端の科学とアートが集う「科学と芸術の丘」を2018年より開催している。

Matsudo International Science Art Festival_main

メイン会場である戸定邸は、水戸藩最後の藩主であった徳川昭武により建てられ、当時最先端の庭園に囲まれていた。昭武自身も海外で教育を受け、常に新しい文化や技術を取り入れるグローバルな先駆者の一人。その歴史ある革新の場で、特別展覧会とトークを開催し、全館を巡りながら作品を体験できる内容となっている。

テーマ「未来の市民」

「科学と芸術の丘2019」のテーマは「未来の市民」。市民が自ら身の回りのことに興味を持ち科学探求する「シチズン・サイエンス」やプログラミングを新たな創造に繋げる「クリエイティブ・コーディング」、「未来のプロトタイピング」のあり方など、数多くの展示やワークショップ、トークを通じて、「未来の市民」の集う広場を創造する。

参加アーティスト

  • 若宮正子/Wakamiya Masako
  • Ars Electronica Futurelab(アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ)オーストリア
  • 市原えつこ/Ichihara Etsuko
  • 東京大学生産技術研究所 山中俊治研究室
  • 田所淳/Tadokoro Atsushi​
  • Space Art Project アメリカ

ほか

Matsudo International Science Art Festival_sub8

Virtual Currency Offering Festival / 仮想通貨奉納祭​

Matsudo International Science Art Festival_12

東京大学生産技術研究所 山中俊治研究室 - 「美しい義足」 義足アスリートのために最先端のデジタル技術や素材で開発・実用化した義足。
©︎ 加藤康

Matsudo International Science Art Festival_sub10

東京大学生産技術研究所 山中俊治研究室 - 「構造触感」3Dプリントと微細な構造設計が作る「未来の手ざわり」を体感。 ©︎ 加藤康

Matsudo International Science Art Festival_sub11

です。 東京大学生産技術研究所 山中俊治研究室 - 「READY TO CRAWL」モーター以外の全部品を一体成型して、生き物のように完成された状態で生まれたロボット
©︎ 加藤康

イベント情報
イベント名科学と芸術の丘2019/Matsudo International Science Art Festival
日時11月16日(土) 10:00 〜 17:00 ※丘のマルシェは16:00まで。
11月17日(日) 10:00 〜 16:00 ※戸定邸は17:00まで開館。
会場戸定邸、松雲亭、戸定が丘歴史公園
料金無料 ※戸定邸のみ入館料一般250円、高校大学生100円
URLhttps://science-art-matsudo.net/