Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

展示概要

荒川技研工業は、2019年10月18日から11月4日まで本社ビル3Fに併設しているTIERS GALLERY(ティアーズギャラリー)にて、デザイナー村越淳による初の個展「Existence of Line - 線の存在」展を開催する。

adfwebmagazine-Existence of Line

「線の存在は、平面に限らず立体や空間の中にも見てとることができます。それは表面に刻まれた模様であったり、際立ったエッヂや背景との境界にできる輪郭、さらには構造を意識した際の骨格であったりします。一方で、目の前に現れたその線は実在するのでしょうか、それともあなたの脳が作り上げた想像上の産物でしょうか」と村越は語る。村越の初個展「Existence of Line - 線の存在」では、《Equilibrium》シリーズをはじめ、これまで発表してきた作品の数々を、あらためて「線」という要素で紐解いていく。東京の街中が「デザイン」や「創造性」という言葉で活気づく季節。本展を通じて、鑑賞者には良く知っているつもりの「線」について先入観を解放し、新鮮な興味を通して「線」の存在や多彩な表情を感じ取る体験によって、身の廻りの既知と未知について、創造的に意識する機会を提供する内容となっている。

adfwebmagazine-Existence of Line3

adfwebmagazine-Existence of Line5

村越 淳

プロダクトデザイナー/ Jun Murakoshi Design代表。
千葉大学大学院デザイン科学専攻修了、英国王立芸術大学院(RCA)Design Products 修了。これまでTakram との新製品開発、コンサルティングファームi.lab での新規事業開発、戦略・ビジョン策定や、千葉大学国際教育センター特任助教、東京大学知の構造化センター特任研究員として教育研究活動に従事。『Hublot Design Prize 2017』ファイナリストに選出されるなど、日本、欧州を中心に受賞・展示多数。

イベント概要
タイトルExistence of Line - 線の存在
会期2019年10月18日(金)〜11月4日(祝)
開場時間12:00 ‒ 20:00(平日)
10:00 ‒ 20:00(土日祝)
会場TIERS GALLERY(ティアーズギャラリー) 
東京都渋谷区神宮前5-7-12(荒川技研工業本社ビル3階)