Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

デザイナーにして「木に対する接し方に伝統と情熱が感じられる」と言わしめた作品

飛騨産業KOYORI(コヨリ)で協業するデザイナーのロナン&エルワン・ブルレックによる新作「Nei テーブル」、ガムフラテージによる「Miau テーブル」の国内展開を2023年10月20日(金)よりスタートする。これに合わせ、DESIGNGNART TOKYO 2023期間中のCIBONE(表参道)、またHIDA高山店 森と暮しの編集室に新設されるKOYORIのプレゼンテーションスペース(常設)にて同新作の展示を行う。

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-1

CIBONEでは、飛騨産業製造のロナン&エルワン・ブルレックデザインのNei テーブル、ガムフラテージデザインのMiau テーブルの他、飛騨産業と共にKOYORIへ参画する天童木工製造のロナン&エルワン・ブルレックデザインの「Usurai テーブル」などが展示される。

飛騨産業直営店であるHIDA高山店 森と暮らしの編集室では、日本有数の家具の産地である岐阜県飛騨高山で飛騨の家具の魅力を発信するイベント「飛騨の家具®フェスティバル」の開催にあわせて、あらたにKOYORIのプレゼンテーションスペースを新設。新作のテーブルコレクションのほか、昨年発表した当社製造のチェアの全ラインナップが展示される。

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-10

テーブルラインナップ(飛騨産業 製造)

NEI TABLE Designed by Ronan & Erwan Bouroullec

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-5

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-6

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-7

Nei テーブルは、シンプルな構造でありながら天板と脚との接合部に独自性があり、脚の有機的な曲面と調和した天板形状により、造形美を引き出したデザイン。

伸縮の影響を受けやすい無垢天板だが、4本の脚を幕板や樌(ぬき)で繋がない独立した構造にすることで、意匠性を保ちながらもその課題に応えた。ブルレック兄弟がデザインした無垢材のチェア、MusubiアームチェアやShakuチェアにも通ずる、彫刻的パーツを美しく接合するというアイデアが生かされている。有機的な表情を持ちながらも均整のとれたプロポーションのテーブルは円形と長方形があり、あらゆるシーンに対応可能。一目で印象付ける力強い存在感があるため、KOYORIの個性豊かなチェアラインナップを受け止めてくれるテーブル。

MIAU TABLE Designed by GamFratesi

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-2

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-3

adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-4

新しく発表されたガムフラテージがデザインしたMiau テーブル。昨年同シリーズのMiau アームチェアを発表し、デンマークの伝統とデザインを再解釈したものとして高く評価された。

無垢材の天板と脚が溶け込むように繋がったデザインが特徴のMiau テーブルは、シームレスな接合を実現するために、木部のパーツに緻密な切削加工と精度の高い接合技術が必要だった。脚は上部から下部にかけてテーパー加工されており、無垢材を削り込むことで美しい木目の表情を出している。Miau アームチェアの繊細なシルエットとのコントラストが美しい重厚感のあるテーブル。

デザイナー

Ronan & Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン・ブルレック)
adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-8

Photography: Alexandre Tabaste

1971年と1976年にそれぞれカンペール(ブルターニュ)で生まれたフランス人の兄弟デザイナー、ロナンとエルワン・ブルレックは、1999年から協働。工業デザインから工芸品、大規模な生産開発から研究、オブジェクトから公共スペースまで、ロナンとエルワンの作品は複数の表現分野にまたがり、私たちの日常生活に取り入れられている。

GamFratesi(ガムフラテージ)
adf-web-magazine-koyori-cibone-hida-9

Photography: Petra Kleis

ガムフラテージスタジオは、デンマークの建築家スティーネ・ガム(Stine Gam)とイタリアの建築家エンリコ・フラテージ(Enrico Fratesi)によって2006年に設立。スタジオはコペンハーゲンを拠点としている。ガムフラテージのデザインは、伝統とリニューアルの融合から、素材と技術への実験的なアプローチで創造力を発揮する。

KOYORI

KOYORIは日本の優れたものづくりを行う企業がアライアンスを組むとともに、卓越した日本の技術と国際的なコンテンポラリーデザイナーが協働することにより、確かな品質を備えたボーダレスなデザインの家具とインテリアアクセサリーを提供することを目指したブランド。無垢の曲木を得意とする飛騨産業と、成形合板を得意とする天童木工の2社が参画。和紙によりをかけて紐状にする「紙縒(こより)」から取ったブランド名のKOYORI。紙縒は古くから日本でのお祝い事に欠かせない水引の素材であり、ブランド名には結びつきの意味も込められている。

「KOYORI - NEW PRODUCTS LAUNCH Ronan & Erwan Bouroullec / GamFratesi」開催概要

会期2023年10月20日(金)~11月5日(日)
会場CIBONE
URLhttps://onl.tw/H1zMkL6

「飛騨の家具®フェスティバル」開催概要

会期2023年10月21日(土)~25日(水)
※以降 KOYORI は常設にて展示
会場HIDA高山店 森と暮らしの編集室
URLhttps://onl.tw/HxmM35k

pwa