Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ベアブリック×メズム東京、初コラボデザインが数量限定販売

メズム東京、オートグラフ コレクションは、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトを基に誕生したMEDICOM TOYベアブリック(BE@RBRICK)と初コラボレーションした、オリジナルデザインの「BE@RBRICK TokyoWaves (2020)」の販売を2021年2月8日(月)より開始する。光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を採用した世界初のベアブリックモデルとなる。

adf-web-magazine-bearbrick-tokyowaves-1 (1)

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影前)

当モデルは、メズム東京、オートグラフ コレクションのクリエイティブディレクター小泉堅太郎によるオリジナルデザイン。メズム東京のブランドカラーであるミッドナイトブルーの波模様とホテルロゴをあしらった100%サイズ(高さ約70mm)と、一部客室のウェルカムアートとしても採用されている400%サイズ(高さ約280mm)の2タイプでの展開となる。400%サイズは特別に、光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」を使ったデザインの着ぐるみを着用しており、フラッシュ撮影をするとホテルのコンセプトである“TOKYO WAVES”を表現した絵柄が浮き上がる、遊び心あるデザインとなっている。

adf-web-magazine-bearbrick-tokyowaves-2

「NINJAINK®」を採用した着ぐるみを着た『BE@RBRICK TokyoWaves (2020)』400%サイズのデザインイメージ(フラッシュ撮影後)

デザイン詳細-「BE@RBRICK TokyoWaves (2020)」 400%サイズ

忍者のように姿を隠し、フラッシュ撮影をすると光に反応する特殊なインク「NINJAINK®」(ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと小松プロセスが企画開発した再帰反射性カラーインク)を採用した着脱可能な着ぐるみ仕様。スマートフォンなどでフラッシュ撮影をすると、縁起物として親しまれている「だるま」の顔と、ホテルコンセプトを和風にあしらった絵柄が浮かび上がる。アートスペースを擁する約200室のゲストルームに設置。adf-web-magazine-bearbrick-tokyowaves-4

メズム東京、オートグラフ コレクションについて

“TOKYO WAVES”をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することによりゲストに新たな発見を提供する、全265室のラグジュアリーなホテル。2020年4月27日、JR東日本グループによる港区・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に開業。「Exactly like nothing else(唯一無二)」のホテルとして、マリオット・インターナショナルが展開する「オートグラフ コレクション ホテル」に加盟。『ミシュランガイド東京2021』において、「極めて快適(Top class comfort)」を示す「4パビリオン」として掲載された。

「BE@RBRICK TokyoWaves (2020)」商品概要

価格100%サイズ: ¥ 3,960(税込)-1人あたり1体限定販売
400%サイズ: ¥49,500(税込)-[宿泊者限定]1室あたり1体限定販売
サイズ100%サイズ:高さ約70mm / 400%サイズ:高さ約280mm
発売日2021年2月8日(月)売り切れ次第販売終了
購入方法メズム東京16Fフロントにて限定数販売。※100%サイズは4月以降、ホテル公式ECサイトでも販売予定。
デザイナーメズム東京 クリエイティブディレクター 小泉堅太郎

pwa