Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

1970年代にポラロイドカメラを片手に、ニューヨークのCBGBに入り浸っていた写真家、イラストレーター、グラフィックデザイナーであるジュリア・ゴートン(Julia Gordon 1958-)による最新ZINE『Golden Boys』がニューヨーク発ファッションブランド、マークジェイコブスが手掛ける神宮前のブックストアBOOKMARCで販売されている。彼女は1976年、生まれ育ったデラウェア州からニューヨークへ移り、急成長していたパンクシーンを象徴するアーティストたちをポラロイドカメラで撮り続けた。被写体にはパティ・スミス、デビー・ハリー、デヴィッド・バーン、リチャード・ヘル、イギーポップ、トム・ヴァーレイン、ジェームス・チャンス、アート・リンゼイ、リディア・ランチ等、ニューヨークパンク / NO WAVEの中心人物から無名のミュージシャンにまで及ぶ。

BOOKMARC_instagram_JGorton近年インスタグラムでアーカイブ作品の公開を始めた結果、ゴートンの写真作品は少しずつ認識が高まっている。彼女の写真は、ロサンゼルスのストリートウェア・ブランドMidnight Studiosを手がけるシェーン・ゴンザレスの目に留まり、パンクをテーマとした2017年の春夏コレクションSafety Pinsで、コラボレーションが実現した。ゴートンの写真がプリントされたTシャツなどのコレクションは、ケンドリック・ラマーが最新ツアーで着用し、大きく注目された。ちなみに現在、彼女は、パーソンズ美術大学でグラフィックデザインを教えるほか、自身の作品をもとにZine(ジン)を編集し、限定で出版している。

adf-web-magazine-julia gorton-golden-boys-1

adf-web-magazine-julia gorton-golden-boys-2

adf-web-magazine-julia gorton-golden-boys-6

ZINE『Golden Boys』情報

タイトルGolden Boys
内容ソフトカバー、40ページ、シルバーペーパー
サイズ139.7 x 215.9 mm
販売価格¥2,200 (税別) *予価
その他初版100部までサイン付き&ナンバー入り

pwa