Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「白 の中の白 展―白磁と詞(ことば) という実験。」

ATELIER MUJI GINZAは、2020年3月13日(金)から7月5日(日)までATELIER MUJI GINZA Gallery1にて「白 の中の白 展―白磁と詞(ことば) という実験。」を開催する。我々が普段、目にしているモダンデザインの白い磁器には長い物語がある。 中国を筆頭に、アジアでは青磁、白磁の悠久の歴史を誇る一方で、ヨーロッパでは白い陶磁器を得るための長い研究と多大な努力が重ねられた。

adf-web-magazine-atelier- muji-ginza-white-on-white

18世紀初頭に白磁の生産に成功すると、それを埋め尽くす華美な装飾が施された。「白」が、装飾を鮮やかに浮かび上がらせる素地でしかなかった時代は続く。20世紀に入ってようやく形を際立たせた無地の白い器が誕生する。ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、"白くあること"と"無地であること"、その二つの要素が形となった白磁の数々、そして白をめぐって見出されたイメージや詩の世界までを再発見する展示を開催する。

本展では、モダンデザインのプロダクト作品を所蔵するインテリアデザイナー永井敬二のコレクションのなかから、白い器を中心に50点以上が展示される。白いキャンバスに白い方形を描いた作品《White on White》(1918)で、絵画の世界に衝撃を与えたウクライナ生まれのシュプレマティズムのアーティスト、カジミール・マレーヴィチ(Kazimir Malevich)がデザインした白のティーセットにはじまり、バウハウス(Bauhaus)の影響のもと、シンプルなフォルムを極めたトゥルーデ・ペートリ(Trude Petri)の《ウルビーノ》シリーズ、日本のプロダクトデザインの巨匠である柳宗理、森正洋らによる日常で使えるモダンな白磁まで。 さらに、プロダクト作品と共に、Gallery 1のセレクトで白への思索を巡らせた「詞(ことば)」を綴る書籍10冊が紹介され、本展タイトルとなった、20世紀の前衛詩人北園克衛の詩の一節を含む古書も展示される。

白 の中の白 展 情報

タイトル白 の中の白 展―白磁と詞(ことば) という実験。
時間10:00 ― 21:00
開催場所無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1
入場料無料

pwa