Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

アンディ・ウォーホールに並ぶポップアートの双璧となる世界的アーティスト

ストレイム アート アンド カルチャーは、アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM (ストレイム)」にて、2022年11月25日(金)19時30分から、アンディ・ウォーホールと並んでポップアートの双璧をなす世界的アーティスト ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)の貴重な作品がSTRAYMから出品、日本円で販売する。adf-web-magazine-roy-lichtenstein-from-straym-1

ロイ・リキテンスタインの代表的なスタイルのコミック・ストリップなどを題材としたポップ・ペインティングは自分の子供にミッキーマウスを描いていたことがきっかけとなり生まれた。1997年9月に亡くなった後も、世界中の著名美術館で展示されている。

ロイ・リキテンスタイン

1923年アメリカ・ニューヨーク生まれ。オハイオ州立大学で修士号取得後、1950年代には画家として活動しながら大学講師を務めたり、製図工として働いたりしながら生計を立てる。その後、アンディ・ウォーホール、ジャスパー・ジョーンズらと共に新しいアートのムーブメントを引率したアーティストとして代名詞となった漫画のコマを拡大したような作品が1960年代初頭に登場。ニューヨークで1962年に開催された個展は商業的な大成功をおさめ、リキテンスタインの革新的な作品は世界的に有名となり、1966年にはアメリカ人として初めてイギリス・ロンドンのテート・ギャラリーで展覧会を開催。代表的なスタイルのコミック・ストリップなどを題材としたポップ・ペインティングは自分の子供にミッキーマウスを描いていたことがきっかけとなり生まれた。1997年9月に亡くなるまで積極的に芸術活動に取り組んだ作品の数々は、現在でも世界中の著名美術館で展示されている。

STRAYM(ストレイム)

アート・NFTのオーナー権を分割して保有することができる分散型保有プラットフォーム。adf-web-magazine-roy-lichtenstein-from-straym-2

ストレイムでコレクションするメリット
  1. 厳選したアート・NFTの中からお気に入りを見つけことができる
  2. より自由に自分だけのアートコレクションポートフォリオを構築できる
  3. 保有したアート・NFTを簡単に管理・資産形成できる
  4. オーナー権の累計購入金額に応じたステータスによって、VIPプログラムを獲得できる
  5. アートコレクターが集まるコミュニティ「STRAYM JAM」に参加できる
​ストレイムで出品するメリット
  1. アート・NFTを段階的・部分的に売却できる
  2. 出品したアート・NFTを再度買い戻すこともで切る
  3. アート・NFTの保管や展示をストレイムに委託できる
  4. アート・NFTが二次流通した際には、ロイヤリティを受け取ることができる
  5. 美術館はアートを展示したまま出品して資金調達ができる

adf-web-magazine-roy-lichtenstein-from-straym-3ストレイム アート アンド カルチャー

アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」を通して、「オーナー権の分散化」「オーナー権のNFT化」「ロイヤリティのアーティスト還元」「コミュニティの創造」「トークノミクス」など、アート・ブロックチェーン・ファイナンスを融合した世界に類を見ないアート・NFTの活発的な取引市場を構築。アート保有をより身近な体験へと導き、アート市場の拡大、アーティストの活動を持続的に支援して、より創造的な社会の実現を目指す。


pwa