Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2024年1月上旬から、天王洲運河沿いで高さ約40mの壁画を公開制作

一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会が、2024年1月10日(水)から「TENNOZ ART FESTIVAL 2024」(天王洲アートフェティバル2024)を開催する。今回は、世界的に活躍する現代アーティスト山口歴(やまぐち めぐる)が、天王洲運河沿いの寺田倉庫T33ビルの壁面をキャンバスに、高さ約40m×横幅約22mの大型壁画を公開制作で描く。

adf-web-magazine-tennozu-art-festival-2024-1

「TENNOZ ART FESTIVAL」は、“アートの島=天王洲アイル”を舞台に、運河沿い建築物への大型壁面アート、駅通路での壁面アート、公開空地への立体アートなどの展示を増やす取り組みとして2019年より継続して開催されてきた。これまで本プロジェクトを通じて設置してきた展示作品は、天王洲アイルエリア内の全18箇所に22作品にのぼる。

5回目となる2024年は、ニューヨーク・ブルックリンを拠点に世界的に活躍する現代アーティスト山口歴を迎え、天王洲運河沿いの寺田倉庫T33ビル壁面に、高さ約40m、横幅約22mの大型壁画を公開制作する。大型壁面を縦横無尽に走るストロークが描かれていく様子は、2024年1月上旬から公開制作として現地にて観ることができる。制作の詳細日時については公式サイトにて今後公開される。

山口歴

adf-web-magazine-tennozu-art-festival-2024-2

1984年生まれ、東京都渋谷区出身。2007年に渡米し、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動している現代アーティスト。絵画表現における基本的要素「筆跡/ブラシストローク」の持つ可能性を追究した様々な作品群を展開。代表的作品群「OUT OF BOUNDS」では「固定概念・ルール・国境・境界線の越境、絵画の拡張」というコンセプトのもと、筆跡範囲を制限してしまうキャンバスの使用を止め、筆跡の形状自体をそのまま実体化する独自の手法によって、ダイナミックで立体的な作品を制作し続けている。90年代から2000年代初頭の東京ストリートカルチャーの変遷を経験して育ち、渡米後は、ALIFE、BILLIONAIRE BOYS CLUB、FTC、NIKE等アメリカのストリートカルチャーを代表するブランドの他、ISSEI MIYAKE MEN、LEVI’S、OAKLEY、UNIQLOといった企業とのコラボレーションも行なっている。

公開制作会場 / 寺田倉庫T33ビル 第二水辺広場側 壁面

adf-web-magazine-tennozu-art-festival-2024-3

「TENNOZ ART FESTIVAL 2024」開催概要

会期2024年1月 10日(水)~3月31日(日)
会場天王洲アイル各所
主催天王洲アートフェスティバル2024実行委員会 / 一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会
共催一般社団法人エリアマネジメントTENNOZ
協賛寺田倉庫株式会社/東京燃料林産株式会社
協力株式会社東横イン/三信倉庫株式会社/東京モノレール株式会社/パナソニック株式会社/三井住友信託銀行株式会社/三菱UFJ信託銀行株式会社
URLhttps://tennoz-art-festival.com/

pwa