Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

原画のデジタルアーカイブ事業を活用し、マンガアート世界市場の創造へ『ONE PIECE』『ベルサイユのばら』『イノサン』から作品の販売をスタート

集英社は、「マンガを、受け継がれていくべきアートに」というヴィジョンのもと、2008年から実施しているマンガ原画のデジタルアーカイブを活用し、マンガアート販売の新事業「SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE」をスタート。「SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE」は、マンガ作家の画業に新たな光を当て、その作品に「美術品」としての永続的な価値を与える新しい取り組みとなる。最良の印刷技術とマテリアルで、クオリティの高い「マンガアート」作品を制作。また、その価値を保証し、次の世代へと引き継いでいくために、ブロックチェーン証明書を発行し、来歴を永続的に記録していく。

adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage

adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage-3 adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage-4 adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage-5

この事業を通じて、マンガを愛する人々の中で、「受け継がれていくべきアート」として作品が継承されると同時に、世界のアートマーケットの一端を担う、マンガアート市場の創造を目指す。尾田栄一郎(『ONE PIECE』)、池田理代子(『ベルサイユのばら』)、坂本眞一(『イノサン』)の3作品より販売を開始する。

adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage-1 adf-web-magazine-shueisha-manga-art-heritage-2

「SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE」立ち上げの背景

1926年に創立された集英社は、戦後、数多くのマンガ作品を世の中に送り出す一端をになってきた。いちばん面白いマンガを、できるだけ安価に、ひとりでも多くの読者に届ける。一方で、子供達が小遣いで買える娯楽であったマンガは、国内外の美術館や博物館に展示されることも珍しくなくなってきた。未来に向けてマンガを保存し、受け継いでいくために我々がすべきこと。そのためのひとつの取り組みとして「マンガアート」の越境EC事業を立ち上げる。


pwa