Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

テーマは「SCENE」|審査員は川田喜久治

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現するアマナにて、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をコンセプトに、雑誌、オンラインなど多角的にアートフォトを発信する『IMA』は、オンライン写真コンテスト「IMA next #45」の応募作品を募集する。アート写真プロジェクト『IMA』が主宰する「IMA next」は、誰もが応募できるグローバルなオンライン写真コンテスト。

adf-web-amagazine-ima-next-#45

©Kikuji Kawada, courtesy of PGI

毎月、国内外の多彩なゲストを審査員に迎え、月ごとにひとつのテーマを掲げ、応募の中から優れた作品を選出。新たな才能の発掘を目的とするプラットフォームとなっている。第45回の審査員は、写真家の川田喜久治となった。60年以上にもわたり、日本写真を牽引し続ける川田喜久治を審査員に迎えた今回のテーマは「SCENE」。それぞれの視点、シャッターを切るときの動き、使用するカメラ、写真のテクスチャー、伝えたいストーリーなどによって同じ場所・時間で撮影したとしても、異なるシーンが描き出される。

応募要項

  • テーマ:「SCENE」
  • 審査員:川田喜久治
  • 受付期間:2023年6月9日(金)から2023年8月9日(水)まで
  • 応募方法:投稿を希望する各テーマの専用フォームから応募
  • 応募資格:16歳以上(国籍、年齢、性別、経験<プロ、アマチュア>問わず)
  • 応募費用:1エントリーにつき、¥2,000(税込み)
  • 作品規定:対象作品は静止画に限る
賞について
  • グランプリ:賞金10万円
  • 副賞:審査員またはIMA編集部によるポートフォリオレビュー / IMA ONLINE、IMA公式SNSにて作品紹介

川田 喜久治

1933年生まれ。1955年、新潮社に入社。1959年に新潮社を退社しフリーランスとなる。「VIVO」設立同人。敗戦という歴史の記憶を記号化するメタファーに満ちた作品「地図」を1965年に発表し、以来現在に至るまで、常に予兆に満ちた硬質で新しいイメージを表現し続けている。近年はインスタグラムにて写真への思考を巡らせながら、日々作品をアップし続けている。

IMA next

IMA nextは、誰もが応募できるオンラインの写真コンテスト。毎月ひとつのテーマを掲げ、月ごとに変わるゲスト審査員が優れた作品を選出。優秀作品には賞が贈呈されるほか、IMA ONLINEや雑誌『IMA』での掲載、または展示の機会などのさまざまなチャンスが得られる。


pwa