Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

京都市京セラ美術館「モダン建築の京都」展のオンラインサロンが開始

京都市京セラ美術館 開館1周年記念展「モダン建築の京都」と、年間約700コースを開催するまち歩きツアー「まいまい京都」が、展覧会公式オンラインサロンを共催する。展覧会の仕掛け人や本展アドバイザーの建築史家らが、展示の舞台裏や出展作の深い魅力に迫るオンライン美術館を毎月2回配信する。さらにはサロンメンバー限定で、通常非公開の名建築を訪ねる少人数のスペシャルツアーも開催する。adf-web-magazine-modern-architecture-in-kyto-maimai-kyoto

海外からを含む参加者とは、チャット機能等を使った双方向コミュニケーションをリアルタイムで実施。コロナ禍で行きたくても行けない方と、来館者減に直面する美術館を繋ぐ、これからの展覧会の可能性を探る新たな試みとなる。

出演者プロフィール

前田尚武

一級建築士/学芸員。京都市京セラ美術館企画推進ディレクター。1994年、早稲田大学大学院修了。2003年から森美術館に在籍し「建築の日本展」(2018年)、「メタボリズムの未来都市展」(2011年)などの建築展を企画。2019年より現職。美術館における一連の建築展企画で、2019年度日本建築学会文化賞受賞。

倉方俊輔

建築史家。大阪市立大学准教授。日本近現代の建築史の研究と並行して、建築の価値を社会に広く伝える活動を行っている。著書に『京都 近現代建築ものがたり』『はじめての建築 01 大阪市中央公会堂』『神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ』など。メディア出演に「新 美の巨人たち」「マツコの知らない世界」ほか。

笠原一人

建築史家。京都工芸繊維大学助教。専攻は近代建築史、建築保存再生論。住宅遺産トラスト関西理事。DOCOMOMO Japan理事。著書に『ダッチ・リノベーション』『村野藤吾のリノベーション』『建築家 浦辺鎮太郎の仕事』『建築と都市の保存再生デザイン』『村野藤吾の建築』『関西のモダニズム建築』ほか。

サロンメンバー限定ツアー

  • 9月:京都市京セラ美術館
  • 10月:シークレット
  • 11月:本願寺伝道院ほか
  • 12月:シークレット
  • 1月:ウェスティン都ホテル などを予定

月1〜2回程度(参加費が別途必要、事前申込・抽選制)


pwa