q27XjPUdk48

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

複数の作品群もリニューアルを経て、より没入的に

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」(チームラボプラネッツ)に、無数の光の塊が空中に浮遊する作品《生命は結晶化した儚い光》が新たに公開された。複数の光の作品群がリニューアルされ、身体ごと没入する体験が更に拡張した。

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-1

チームラボ《生命は結晶化した儚い光》©チームラボ

《生命は結晶化した儚い光》は、来場者が水に入って体験する没入空間にあり、無数の光の塊が空中に浮遊している。1つ1つの光の塊は、複数の色で構成され、それぞれの色の境界が固体のように明確に分かれている。自然界では見ることのない、固体のように色が明確に分かれた光の塊は、極限的な同期によって起こっており、同期は、同期現象の結果、つまり、秩序を持つ大きな構造を作り出す現象である、時間軸上の自己組織化の結果とも言える。

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-2

光の塊は、複数の色で構成されている。チームラボ《生命は結晶化した儚い光》©チームラボ

光の塊に触れると、見えていた部分は、とぎれもなく流れ続けているものの一部だと気がつく。生命は、はじまりもわからない過去から、一度もとぎれることなく流れつづけているエネルギーの連続体の中で、奇跡的に凝固した、儚い光の結晶のような現象なのである。

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-3

光の塊には触れることができる。触れると作品はインタラクティブに変容する。チームラボ《生命は結晶化した儚い光》©チームラボ

また、光の球体が埋め尽くす空間《変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色》や、光の彫刻群が無限に広がる《The Infinite Crystal Universe》ほか、複数の作品群も身体ごと没入する体験が更に拡張した。

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-4

球体は、人々がかき分けたり、叩いたりして衝撃を受けると色を変化させ、色特有の音色を響かせる。チームラボ《変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色》©チームラボ

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-5

色の変化の中で、空間は球体の集合による立体と色の平面とを行き来する。チームラボ《変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色》©チームラボ

adf-web-magazine-teamlab-seimei-wa-kessyoka-hakanai-hikari-6

光の彫刻群が、無限に広がっていく。チームラボ《The Infinite Crystal Universe》©チームラボ

《The Infinite Crystal Universe》は、光の点の集合で立体物が創られていく作品。来場者は「teamLabアプリ」で作品に参加し、来場者たちで作品を創ることができる。アプリから自ら選んだ星を投げ込むと、目の前にその光の彫刻が生まれ、それらの群によってこの作品空間は創られていく。今回は新たに5種類の光の彫刻を創れるようになった。

なお、チームラボプラネッツの開催会期を2023年末までとしていたが、好評につき2027年末まで延長することが決定した。


pwa