Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

写真に糸を用いて造形が「生まれでる」世界を構築

(hIDE) GALLERY TOKYOでは、2023年7月8日(土)から7月23日(日)まで、澄毅の個展「Photographs, lost and born.」を開催する。写真家・澄 毅は、写真に穴やスリット(切れ込み)を入れ、そこに光を透した写真作品を発表。「『光の空白』に被写体と観る人が響合い、その空白を埋める新たな創造の想像が生まれると考えたからだ。」と澄は語る。本展では新たに、洗練されたスリット作品に加えて、写真に糸を用いて造形が「生まれでる」世界を構築した。adf-web-magazine-photographs-lost-and-born-1

(hIDE) GALLERYでは初めての個展となる本展。写真という複製可能なメディウムでありながらも、それぞれ一点しかない作品群を展示する。「切る」という削ぎ落とす行為と、「糸を加える」という足し算の、一見相反する行為が共存する本展を観ることが出来る。adf-web-magazine-photographs-lost-and-born-2

ステイトメント

「目に見える世界」は実は何も見えていないのではないか。子供の時から私は目に見える世界に依存しつつ、その端から垣間 見える虚構について考えを巡らせてきました。目よりも私は指を信用したように思います。カメラを持ち、シャッターを切る時、 カッターを持ち、紙にスリットを入れていく時、時にペンを持ち線を描くときにも針を持ち糸を通す時も、この指の感じる豊 かな世界を信じているように思います。私は見える世界に生きている。しかし世界はその先にも在る。その先に指を伸ばし捉 えたい。その願望が私の作品の根底にはあります。

澄毅

澄毅 (すみ たけし)

1981年京都生まれ。明治大学文学部多摩美術大学情報デザイン学科卒。「網膜の先の世界を見出す」ことをテーマに主に写真を用い、身体的な感覚を重視した制作過程で作品を発表している。agnès b.コレクションに加えられたことをきっかけに2013年から2020年までパリに在住。現地で個展などの作品発表を行い、日本帰国後は京都を拠点に制作と発表を続けている。本に『空に泳ぐ』『指と星』(いずれもリブロアルテ刊)。主な作品提供に『ポラリスが降り注ぐ夜』表紙(李琴峰著)、ジェイアール京都伊勢丹20 周年記念ビジュアルなど。


(hIDE) GALLERY TOKYO

(hIDE) GALLERY TOKYOは、東京のアートブックストア「BOOK AND SONS」と、神戸の老舗画廊「KAWATA GALLERY」がプロデュースするコンテンポラリー・ アートギャラリーとして設立。世界中のアートブックのセレクトを通じて培われた視点と、アートフェア東京をはじめ数多くのアートフェアに出展するなど60年の 歴史を持つギャラリーの豊かな経験で、新しい時代のアートをキュレーションし、未完成の才能の発掘やまだ見ぬ価値や文化の発信する。


「Photographs, lost and born.」

日程2023年7月8日(土)から 7月23(日)まで
時間12:00 ~ 18:00 火曜・水曜定休 
会場(hIDE) GALLERY TOKYO

pwa