Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

百⻤夜⾏絵巻に着想した作品

Maison (MY) Labo.(メゾンエムワイラボ)に併設されるギャラリースペース無責任画廊はアイアン・アーティスト / 作家のGRAND COBRA(グランドコブラ)の個展「Thatʼs light (ザッツライト)」を2022年5⽉13⽇ (⾦) から 5⽉22⽇ (⽇)まで開催する。無責任画廊5th Exhibitionとなる今回は、ストリートで育った世界観をベースに鉄を変幻⾃在に操ってピースに進化させるGRAND COBRAを招く。

adf-web-magazien-grand-cobra-1

昨年東京にて開催された個展「Awesome Rubbish」よりブラッシュアップさせた本個展では百⻤夜⾏絵巻に着想し、GRAND COBRAの観点よりロボットやゴーストなどの様々な⽣き物をライトやオブジェとして物体化。⼒強さと綿密さを兼ね備えた作品を創りだすGRAND COBRAのアーカイブ作品を含む約20作品が展示される。

adf-web-magazien-grand-cobra-2adf-web-magazien-grand-cobra-4adf-web-magazien-grand-cobra-5

GRAND COBRA(グランドコブラ)

鉄という素材にこだわり、アイアン・アーティスト、作家として幅広く活動を継続。⼤阪を拠点に90年代から現在に⾄るまで国内のアンダーグラウンドにおけるカルチャー、ストリートシーンを牽引し続ける存在。2025年⼤阪万博のモニュメント製作などメジャーシーンにおける作品提供も⼿掛ける。

無責任画廊について

実験的な取り組みを⾏なう新たな空間をコンセプトのもと、Maison (MY) Labo.に併設される無責任画廊ではカルチャー、アート、サイエンスなど可能な限り広く浅く、様々な分野の展示をしている。名前通り“無責任な”ギャラリースペースがアーティストの作品とデザイナー三原が⼿がける箱が⽣み出す空間となっている。


pwa