Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「2K Foundations × Kevin Durant Renovation Art Court 2022」がアートによって再生された公園として年間大賞を受賞

公園のバスケットボールコートをアートでリノベーションするgo parkeyが、デザイン・コートにおける世界的なアワードにおいて、「フューチャー・プロジェクト」部門アワードと、全部門を通じての大賞である「プロジェクト・オブ・ジ・イヤー2023」をダブル受賞した。今回注目されたのは、go parkeyが手掛けた新宿区の大久保公園の「2K Foundations × Kevin Durant Renovation Art Court 2022」アートコート。日本の公園やコートやプレイグラウンドでは初の受賞となる。adf-web-magazine-design-court-award-go-parkey-2

まだまだ国内では珍しいが、世界では芸術性に富んだペイントによって公共施設を再生するプロジェクトが盛んに行われている。国内でも、老朽化が進み、安全面だけでなく環境面でも改善が必要な公園などが増えてきた。これをきっかけにして、go parkeyは公園のバスケットボールコートを中心に、より多くのリノベーション・プロジェクトを推進していきたいと考えている。

プロジェクト・オブ・ジ・イヤー受賞

芸術性に優れたアートペイントによって公共施設を再生するプロジェクトが盛んに行われている中、大きな役割を担っているのがオリンピックやUSオープン(テニス)、FIFA(フットボール)の大会などで活躍している世界最大のスポーツ・サーフェイスメーカーSport Groupである。そのSport Groupが年に一度、世界中のプロジェクトから優れたデザインのプロジェクトを表彰する。これまでに美しい庭園や独創的なプレイグラウンド、最先端の公共スポーツ施設やワールドクラスのスポーツ競技会場などを対象に、素晴らしいプロジェクトが選ばれてきた。今年度は2023年5月10日にハワイで行われたSport Group Asia Pacific Agent Conferenceにおいて表彰式が開かれ、FIFA WOMEN’S WORLD CUPのアートコートなど国際大会のコートがある中から選ばれたのが、go parkeyが手掛けた新宿区の大久保公園のアートコート「2KFoundations × Kevin Durant Renovation Art Court 2022」で、プロジェクトの施工品質、サステナビリティーとイノベーションとクリエイティビティ、プロジェクトの意義など、それらが高いレベルで完成していたという評価を受けた。adf-web-magazine-design-court-award-go-parkey-1

大久保公園について

go parkeyが受賞したアートコートは、世界有数の大都会、東京都新宿区にある。自由でオープンなスポーツハブとして知られる大久保公園という公共施設内にあり、コート名は「2K Foundations × Kevin Durant Renovation ArtCourt 2022」。これは、2Kの慈善活動部門である2K財団(2K Foundations)が、NBAのスーパースターとして世界中に知られるケビン・デュラントのチャリティー基金(KDCF)とのパートナーシップによるアジア初プロジェクトとして2022年7月30日に完成。日本人アーティストのFATEのデザインを取り入れた芸術性の高いアートコートに生まれ変わった。実施可能なコートを見つけたとしても、自治体から許認可を得るには長期間の忍耐と努力が重要で、国内においては、このプロジェクト自体が新しいものであり、より丁寧にその価値を伝える必要があったが、今回表彰された大久保公園「2K Foundations  × Kevin Durant Renovation Art Court 2022」アートコートは、その価値を証明してくれる事例となった。adf-web-magazine-design-court-award-go-parkey-6

go parkey

go parkeyは、公園のバスケットボールコートのリノベーション活動を通じて、国内外により安全で綺麗な公園や地域交流の場をつくり、スポーツ文化の普及を目指す団体。go parkeyが修復するバスケットコートは、アーティストがデザインし、地元の人々と共につくり上げるアートコートで、美術館レベルのコートのアート性が子どもたちの創作意欲をかきき立てると同時に、その地域だけのオリジナルコートになっていく。さらには、その場所を大切にケアし続けることによってできる繋がりは、世界中の人々と交流する場となり、絆をもたらしている。go parkeyは多くの人に支えられながら、日本でのプロジェクトを中心にその活動の幅を広げている。adf-web-magazine-design-court-award-go-parkey-4

公園バスケについて

学生の人気スポーツNo.1はバスケとも言われている。その後Bリーグの各プロチームが専用スタジアムをつくり、バスケを観戦するという文化が広まっていく。世界最高峰のプロリーグNBAでは八村塁や渡邊雄太が活躍し、確実にバスケファンが増えている。ただ、日本のバスケは体育館がメインのために、放課後や部活動を引退した後にプレーする場所がかぎられているのが実情。そんな中、フープがある公共施設や公園が注目され、公園バスケから生まれた3 × 3もオリンピックの正式競技になった。公園バスケをさらに安心して楽しめるよう、go parkeyは路面を整備し、アートを描くことによって、その価値を上げて社会に広めていきたいと考えている。