Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

現代アーティスト中野裕介 - パラモデル個展「まちがeる読み、iかれた挿し絵」展

銀座 蔦屋書店は、GINZA SIXの6階にあるアートウォールギャラリーで2021年3月1日(月)から2021年3月14日(日)まで「まちがeる読み、iかれた挿し絵」展を開催する。本展はアートユニット「パラモデル」のメンバー・中野裕介のソロ作品集『まちがeる読み、iかれた挿し絵 中野裕介/パラモデル 2010-2020 Paradoxical Reading, Plastic Paratext - Yusuke Nakano / PARAMODEL 2010-2020』の刊行に合わせ個展を開催。会場では、中野が「メタフィジカルな図画工作」と語る、哲学的であり詩的な作品を、刊行された書籍と共に展示する。​

adf-web-magazine-yusuke-nakano-pramodel-ginza-six

プラレールやミニカーなど身近な玩具や日用品を用いたインスタレーションで、現実を仮想的な「遊び」の空間へと塗り替えてきたパラモデル。今回のソロ作品集は、大規模な空間表現と並行して中野が制作を継続してきた「文学・哲学・マンガ・建築・郷土文化・古典芸能」など古今の「書物」からの触発にもとづく、「青焼き」による図面的描画やテキスト、絵画、立体作品などを中心に2010~2020年の活動を紹介する。図書館勤務で深まった書物自体への興味、図像と言葉をめぐる往還を経て、「挿し絵の果て」で「遊」び続ける中野の、集積であり新たな創作のはじまりでもある一冊。

それは、ペーパークラフトのように薄っぺらで偽物的、どもりで下手くそ、つねに未完成で物足りず、文脈外のへき地にあって、根本的無知を補うメモランダム、誤読の図解でマイナー調の奇妙な挿し絵……などと自嘲・自重もしながら、僕はただただ思案や制作を続けてきました(レールのおもちゃを使おうが鉛筆を使おうが、すべては単に「挿し絵の果て」 でした)。

中野裕介 / パラモデル

adf-web-magazine-yusuke-nakano-pramodel-ginza-six-2

中野裕介 / パラモデル プロフィール

1976年東大阪生まれ。2002年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画修了。2001年同大学の林泰彦と共同制作を開始、2003年よりユニット名を「パラモデル」に。趣向の異なる二人の合流・触発のもと、メタフィジカルな「模型遊び」をテーマに多様な形式の作品を発表。造語「パラモデル」や玩具「プラレール」使用の発案、作品名「paramodelic-graffiti」、「終わらない工事現場」など、中野が概念化し、拡張されたイメージも多い。2011~2017年の図書館勤務を経て、個人活動では、描画-テキスト-空間表現を軸に、文学・哲学・マンガ・建築・郷土文化・古典芸能などを横断する創作を続けている。2017年より京都精華大学芸術学部特任准教授。

「まちがeる読み、iかれた挿し絵 中野裕介 / パラモデル 2010-2020」展情報

会期2021年3月1日(月)~2021年3月14日(日)
会場銀座 蔦屋書店内 アートウォールギャラリー(スターバックス内)
主催銀座 蔦屋書店
協力MORI YU GALLERY
URLhttps://bit.ly/37XJuup

pwa