Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

20世紀最大の宗教画家と称されるフランスの画家、ジョルジュ・ルオーの展示会

人間的、宗教的に豊かな響きを帯びた深い精神性の宿る作品で、20世紀最大の宗教画家と称されるフランスの画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。ギャルリーためながでは、2016年以来、6年ぶりとなるジョルジュ・ルオー展を2022年9月17日(土)から10月10日(月)まで開催する。展示される作品は油彩を中心に、初期から晩年までの70年に及ぶ画業を網羅した30点余りとなる。

adf-web-magazine-art-galerie-tomonaga-georges-rouault-exhibition

《花瓶の花》114 × 78 cm

ルオーは、1871年、パリに生まれた。14歳でステンドグラス職人に弟子入りした後、装飾美術の夜間学校で素描を学び、1890年にはÉcole des Beaux-Arts(パリ国立高等美術学校)に入学。翌年にはギュスターヴ・モローに師事した。

ルオーは、野獣派、表現主義等と関わりながら、ステンドグラスの影響を強く受けた太い墨色の輪郭線と、鮮やかな色彩による重厚な質感が印象的な独自の画風を確立。このルオーの特殊性とも言える独特な色彩の厚塗りは、完成後も筆を入れ続け、自らが完成と見なさない作品を世に出すことを良しとしなかったゆえに何年間も、場合によっては10年もの間、塗り重ねられた。

adf-web-magazine-art-galerie-tomonaga-georges-rouault-exhibition-1

《秋の夕暮れ》76 × 107 cm

初期には道化師や裁判官等を中心に、後半はキリスト教をテーマとした風景画を多く手掛けるなど、画家の精神性とともに作品のテーマや作風は移り変わりながらも、人間の本性に焦点を当てた情熱的な制作活動を続け、86年間の人生を芸術に捧げた巨匠。

ジョルジュ・ルオー展 情報

会期2022年 9月17日(土)〜10月10日(月)
会場ギャルリーためなが 
住所東京都中央区銀座7-5-4
時間月〜土 11:00-19:00 日・祝 11:00-17:00
URLhttps://bit.ly/3we64Le

pwa