Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ニコライ・バーグマン×陶芸家・建築家 奈良祐希がコラボ。北欧と和が融合した展覧会「JAPANDI-NA」が開催

北欧と和を融合した独自のフラワーデザインで世界を舞台に活躍するフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンと350年以上の歴史ある大樋焼の窯元に生まれた陶芸家であり、建築家でもある奈良祐希が、このたび、セッション展覧会「JAPANDI-NA(ジャパンディーエヌエー)」にてコラボする。本展は、2021年12月15日(水)から2022年1月14日(金)まで、東京・南青山のNicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store 2Fにて開催される。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-3

日本のわびさびを感じるデザインと北欧のミニマリズムを融合したJAPANDI(ジャパンディ)とDNAを合わせた造語である「JAPANDI-NA」。350年以上の歴史を誇る茶陶、大樋⾧左衛門窯の脈々と受け継がれてきた伝統をDNAに持つ奈良祐希が生み出す陶芸に、北欧のミニマルで時代を超越するデザイン性と日本の伝統美にインスパイアされたDNAを宿すニコライ・バーグマンがフラワーアートを施し、両者の熱量がぶつかり合い、昇華した作品の数々が披露される。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-1

奈良は本展のためにニコライのシグネチャーアイテムであるフラワーボックスをイメージした新作を披露。また、奈良が陶芸を設計する際に描くCADのドローイングに、ニコライのアートを組み合わせた作品も発表される。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-6

奈良の処女作のテーマは「Bone Flower」。建築家でもある奈良は3D CADを駆使して設計し、板状に切り出した白磁を有機的に重ね合わせることで「花」を表現。一方、ニコライは建築物のフォルムや空間から触発されてフラワーアートを作ることも多い。出会うべくして出会った2人が対峙し、内なるDNAを表現した作品が披露される。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-7

Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)プロフィール

ニコライ・バーグマンは、デンマーク出身のフラワーアーティスト。スカンジナビアン・スタイルのセンスと、細部にこだわる日本の感性を融合させ、フラワーデザインの世界でユニークな作品を発表し続けている。活動の幅は広く、ファッションやインテリアの分野でも世界有数の企業と共同デザイン・プロジェクトを手がけている。現在、国内外に13店舗のフラワー・ブティック、カフェ、アートギャラリーを展開。2022年春に「NICOLAI BERGMANN HAKONE GARDENS」を箱根・強羅にオープン予定。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-2

奈良祐希(ならゆうき)プロフィール

奈良祐希は、石川県金沢市出身の陶芸家・建築家。350余年の歴史を誇る大樋焼十一代大樋⾧左衛門氏を父に持ち、祖父である十代目(現・大樋陶冶斎)は文化勲章受章者。伝統家系の⾧男である奈良は当初は陶芸から距離を置き、東京藝術大学で建築を学び、同大学大学院(美術研究科建築専攻)を主席で卒業。2021年には若手建築家の登竜門であるUnder 35 Architects exhibition 2021ファイナリストに選出されるなど、建築家としても将来を嘱望されている。2021年8月佳水園(京都)での個展では、800名以上を集めた。adf-web-magazine-nicolai-bergmann-nara-yuki-8

Nicolai Bergmann × 奈良祐希「JAPANDI-NA」開催概要

会期2021年12月15日(水)~2022年1月14日(金)
時間11:00~18:00
会場Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store 2F
料金無料

pwa