Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

様々な作品が織りなす「時間」を軸にした展覧会とアートフェアを展開

ユニバーサルアドネットワークが「CURATION ⇄ FAIR」を東京・九段の登録有形文化財「kudan house(九段ハウス)」で初開催する。展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」を2024年2月21日(水)から3月3日(日)まで、アートフェア「Art Kudan」を2024年3月9日(土)から 3月11日(月)までの2部で構成開催する。「展覧会で観て、アートフェアで買う」というコンセプトのもと、日本独自の美や芸術の在り方を知り、作品の価値を理解して購入できる場を提供し、アートを通じたネットワーキングや関係構築の機会を創出する。

adf-web-magazine-curation-fair-1

登録有形文化財・kudan house 外観写真

「CURATION⇄FAIR(キュレーションフェア)」

気鋭のキュレーターによる展覧会で作品の社会的意義を読み解き、厳選されたギャラリーが出展するアートフェアで作品をコレクションすることを楽しむアートイベント。「どんな作品を選んだら良いか」という声に寄り添い、様々な意見交換と交流の場を創出する。

一般非公開の「kudan house(九段ハウス)」

「kudan house」は登録有形文化財である「旧山口萬吉邸」をリノベーションした会員制のビジネスイノベーション拠点。日本を代表する3人の建築家(内藤多仲、木子七郎、今井兼次)によって建てられたこの邸宅は、美しい曲線を施したデザインと鉄筋コンクリートの黎明期代表作として、日本の歴史に名を刻む名建築である。重厚かつ繊細な佇まいの歴史的空間でアーティストの創造性と対話し、新たなインスピレーションを得る特別な「時間」を体験することができる。

adf-web-magazine-curation-fair-3

登録有形文化財・kudan house 内観写真

「時間」を軸に展覧会とアートフェアを展開

時間は同時に無数に世界に存在し、それぞれの時間と共に変化する現実同士の関係が世界を構成している。作品によって現実を顕在化するアーティストや鑑賞者は、同じ地平に立つ観測者と言える。本企画がアートのためのアートに終始せず、アーティストの現実を顕在化した作品を通し、一粒の砂に世界を見るように“異なる観測者の視点の間 = 無限に存在する時の間”に成り立つ複雑な世界をより鮮やかに知覚するためのきっかけとなれば。という想いが込められる。

展覧会:美しさ、あいまいさ、時と場合に依る

1968年川端康成はノーベル文学賞受賞に際し「美しい日本の私」という講演を行う。その26年後、大江健三郎は彼の主題を引き継ぎ、その講演の題を「あいまいな日本の私」とする。本展は彼らの文化論を現在の日本美術の状況へと重ね合わせ、さらにその先へと向かう試行を展開するもの。古美術から近現代美術、デジタル・アートに至るまで、様々な作品が織りなす複合的な「時間の層」からラディカルな芸術の在り方が導き出される。

アートフェア:Art Kudan

アートフェアのテーマは「時所望」。茶室で花入に四季折々の花を入れる楽しみを茶室の他客に譲る茶道の「花所望」という作法を由来とする。古美術から近代、そして現代アートなど、国内の厳選されたギャラリーが質の高い作品を展示・販売し、鑑賞だけでは得難い「アートの世界に参加する」というインタラクティブな体験を提供する。

adf-web-magazine-curation-fair-4

登録有形文化財・kudan house 内観写真

「CURATION ⇄ FAIR Tokyo」開催概要

会場kudan house
会期2024年2月21日(水)から3月3日(日)まで
2024年3月9日(土)から 3月11日(月)まで
URLhttps://curation-fair.com/