Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

DNP×良品計画×武蔵野美術大学|東京・市ヶ谷地域の魅力再発見や更なる活性化を目指した取組み

大日本印刷(以下DNP)と武蔵野美術大学、良品計画は、3者の活動拠点がある東京・市ヶ谷地域における魅力の再発見やさらなる活性化を目指し、産学共創の取り組みを開始する。その第一弾として、2023年1月20日(金)から22日(日)の3日間、「つながる楽しい楽市」と題したイベントを3社の市ヶ谷の拠点を中心に周辺エリアにて開催する。adf-web-magazine-dnp-muji-musashino-rakuichi-ichigaya

産学共創の取り組み

本プロジェクトは、異なる事業活動・教育活動で培ったノウハウやアイデアを掛け合わせることでイノベーションを起こし、地域の課題解決に繋げる、産学共創の取り組みとなる。東京・市ヶ谷に拠点を持つことをきっかけとして、3者は地域を起点とした活動を通して自由で楽しい社会と未来を切り拓いていくことを目指す。具体的には、生活者ニーズのリサーチ、街の魅力を伝える展示やイベントの企画、新しい食環境の提案など、地域の活性化につながる様々な活動に3者共同で取り組んでいく。

「つながる楽しい楽市」について

イベント名称の「楽市」は、自由に・楽しく・誰でも参加できる場を目指すことと、拠点である市ヶ谷の地名に由来。参加者は、3者が展開するアート・デザイン・学び・食などの企画を体験することで、人と人との新たなつながりを楽しむことができる。

「再生紙と暮らす」展

「何事も粗末にしない」「素材を活かす」「不便も楽しむ」といった発想をもとに、3者のクリエイターが共創し、「DNP紙再生ボード」を活用して作成した「再生紙の小さな家」をその製造過程の動画とともに展示する。DNPは、製造工程で発生する余白部分の紙など、製品に使わなかった部分(工場損紙)を再生紙のボード(板紙)にし、什器等の新たな製品にアップサイクルする(価値を高める)取り組みを行っている。今回活用する紙再生ボードには、無印良品の紙製商品の端材を原料の一部に使用している。

まちなか作品展示

牛込中央通り商店会の店舗およびMUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス店舗内に、街のさまざまな風景を写真と言葉で紹介するカードを設置。カードは武蔵野美術大学の学生が中心となって結成した部活動「楽市編集部」が、デザインやアートの視点から市ヶ谷周辺の風景を撮影し、言葉を載せた作品となる。街を散策しながらカードを集めたり、学生が引率するツアーに参加もできる。また、SNSと連動して地域の多彩な情報をリアルタイムに提供するサービス「DNP MAPベース地域振興情報発信プラットフォーム」を活用して、位置情報とともに作品の画像やコメントを確認しながら、編集部が注目した街歩きを楽しむことができる。

取り組み開始となる2023年1月は、DNPプラザ開館10周年(前身の施設含む)、武蔵野美術大学造形構想学部クリエイティブイノベーション学科1期生による初の市ヶ谷キャンパス卒業・修了制作展の開催、MUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパスのリニューアルオープンという3者にとっての節目となる。初回となるこのイベントを契機に、今後さまざまな活動を展開していく予定だ。

「つながる楽しい楽市」開催概要

会期2023年1月20日(金)~22日(日) 10時~20時 
会場DNPプラザ市谷の杜 本と活字館MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス、牛込中央通り商店会など
特設サイトhttps://bit.ly/3IMNy3S

pwa