世界初、NFT活用で「中銀カプセルタワー」をリアルとメタバースの両休館で再現

LAETOLI黒川紀章建築都市設計事務所は、現在解体中の中銀カプセルタワービル(以下、「中銀カプセルタワー」)を世界で初めて、NFTを活用することでリアル空間(現実空間)とメタバース空間の両方で再現する。本NFTは、黒川設計事務所が所有する著作権に基づく世界で唯一の作品であること、世界でただ一人(一社)が利用できる権利であることが特徴で、リアル空間・メタバース空間において中銀カプセルタワーを再現できるのみならず、様々な事業を独占的に行える、大きな可能性を秘めている。adf-web-magazine-nakagin-capsule-tower-nft-laetoli-1

プロジェクト背景

メタボリズムの代表作として世界的に有名な建物である「中銀カプセルタワー」は、故・黒川紀章が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅である。1972年の竣工から築50年が経過し、老朽化やアスベストの問題等から解体が決定し、2022年4月より解体が始まっている。

解体されるカプセルの一部については、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトと共に黒川設計事務所にて保存活動を行っているが、LAETOLI及び黒川設計事務所は、デジタル技術やブロックチェーンを活用し、リアル空間及びメタバース空間において、中銀カプセルタワーの再現を目指し協議を進めきており、この度、NFTを活用し、中銀カプセルタワーの再現を目指す事業概要が決定した。adf-web-magazine-nakagin-capsule-tower-nft-laetoli-2

NFTの対象となるもの/NFTの特徴

「リアル空間」における再建の権利

黒川設計事務所が著作権を所有する建築図面に基づき、3DCADデータを作成する。このCADデータに基づき、リアル空間で中銀カプセルタワーを建設、利用、販売などができる権利をNFTとして、世界で唯一、1エディション販売する。NFT自体は2エディション発行されるが、1つは黒川設計事務所が所有し、もう1エディションのみが販売される。

所有者は、3DCADデータを用いて、ディベロッパーやゼネコンがリアル空間で中銀カプセルタワーを建設し、他人に貸したり、販売することができる。再現にあたっては、黒川設計事務所が必要な協力(別途に契約)を行うことにより、世界各国の法規制に合わせて、中銀カプセルタワーを再建する。また、3DCADデータは自由に使えるため、カプセルを用いた様々な事業が可能。メタボリズム建築を用い、現在社会において様々な事業が展開できる。

具体例
  • 過密化による課題を抱えた都市で、中銀カプセルタワーを再現
  • カプセルを自由に組み合わせ新しい中銀カプセルタワーを開発・建設・販売
  • 災害時等にカプセルを災害地に輸送し、仮設住宅として利用
  • 季節に応じてベストなエリアに移動し、移動するリゾート事業

adf-web-magazine-nakagin-capsule-tower-nft-laetoli-4

「メタバース空間」における再建の権利

黒川設計事務所が著作権を所有する建築図面に基づき、中銀カプセルタワー全体をデジタルアートとして、再現する。このデジタルアートを所有、利用、販売などができる権利をNFTとして、世界で唯一、1エディション販売する。

メタバース空間で中銀カプセルタワーを完全再現し、中銀カプセルタワーを他人に貸したり、販売することができる。中銀カプセルタワーが当初分譲住宅として販売されたことを、メタバース空間で再現することにより、新たなコミュニティーを作ることができる。利用方法に厳しい制限は設けないため、新たな利用価値を生み出すことも可能。

具体例
  • メタバース空間でデジタルアートとしての中銀カプセルタワーを再現
  • 中銀カプセルタワーに色をつけるなど、様々なアーティストとのコラボレーション
  • カプセル単体の自由なカスタマイズ
  • カプセルを活用した新たなビジネス展開

adf-web-magazine-nakagin-capsule-tower-nft-laetoli-3

販売フロー

世界最大級のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」で販売する。販売オークションの開始は、7/22(金)13時、終了は8/31(水)13時を予定。

※販売はオークション形式、販売スタート価格は未定

 


pwa