Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

任天堂創業の地にあたる京都・鍵屋町正面通にてオールインクルーシブホテルとして開業

Plan・Do・Seeがプロデュースし任天堂旧本社社屋と建築家・安藤忠雄設計監修の新建築が融合して生まれ変わるホテル丸福樓の開業日が2022年4月1日に決定し、グランドオープンに先立ち外観・内観・客室・料理・施設の全貌が公開された。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-2

丸福樓 正面入口

1889年より歴史を刻んできた任天堂の創業地にあたる京都・鍵屋町。かるた・花札の製造販売や任天堂創業者・山内家の住居として利用された旧本社社屋が全18室のホテル「丸福樓(まるふくろう)」として生まれ変わり、2022年4月1日に開業する。丸福樓を運営するのはTHE AOYAMA GRAND HOTEL(東京)、おちあいろう(伊豆)、THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(京都)、THE GARDEN ORIENTAL OSAKA(大阪)、ORIENTAL HOTEL(神戸)等、その地域の特性を活かしたレストラン・ホテル・旅館運営で定評のあるPlan・Do・See。1947年に設立された任天堂の前身である丸福(主にかるた・花札・トランプの製造販売を行う)の歴史をつむぎ、当時の屋号をホテル名に含めた。レストランでの夕食・朝食に加え、ラウンジでの軽食や飲み物、客室ミニバーを宿泊料金に含めたオールインクルーシブプランにて宿泊可能となっている。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-3

丸福樓 内観

建物

丸福樓は1930年竣工の南北に連なる三棟のRC造の任天堂旧本社社屋(「既存棟」)とその一部を解体修復し、さらに新しく建物を増築した「新築棟」から成り立っている。新築棟のみならず既存棟の設計監修を務めたのは、歴史ある建物を再生し新旧が絶妙なバランスで共存する建築を数多く手掛ける世界的建築家・安藤忠雄。旧本社社屋の建設当時の風格を保ちつつ現代の新鮮な空気を纏ったホテル丸福樓は、外観のみならず内装もできる限り当時の面影を感じられるように復元している。adf-web-magazine-hotel-marufukuro-1

客室

ルーフトップテラス併設の丸福樓スイート(既存&新築棟)、露天風呂と和室併設のジャパニーズスイート(既存棟)など、7つのスイートを含む全18室。既存棟(旧本社社屋)は当時の建築様式や内装を活かし、新築棟はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間となっている。全室内装や調度品が異なり、泊まる度に新しい発見をもたらす。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-6

丸福樓スイート リビングルーム(既存棟)

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-10

レジデンシャルスイート リビングルーム(新築棟)

レストラン carta. (カルタ)

料理家・細川亜衣氏が空間デザインと料理メニューを監修したレストラン carta.。季節の食材を活かした体に優しい無国籍料理のラインアップが提供される。夕食はシグネチャーメニューを、朝食は洋風・和風のメニューが用意され、前菜からデザートまで楽しむことができる。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-8

細川監修の夕食

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-9

レストラン carta. 内装

ラウンジ

「客室の延長である第二のリビング」感覚で寛ぐことのできる2つのラウンジを備え、常時飲み物や軽食を、また夜の時間帯は夜食を好きなだけ食べることが出来る。軽食メニューはシーフードグラタン・和牛カレー・サラダ・パンケーキ・生ハム・チーズなどが用意されている。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-5

ラウンジ

ライブラリー dNa(でぃーえぬえい)

任天堂創業者・山内家がプロデュースし、山内家の解釈による任天堂の歴史や創業の理念を表現した空間。挑戦を続けた任天堂の歴史とその原点に触れられる場所として宿泊者や各種イベントへの招待客のみに開放されたエクスクルーシブな施設となっている。ライブラリーの機能のみならず、ラウンジとしても使用可能となっている。

adf-web-magazine-hotel-marufukuro-4

ライブラリー dNa

料金・プラン

  • 客室数:18室 (33㎡ 〜 79㎡)
  • 客室タイプ:スタンダード〜スイート 全12タイプ
  • 客室料金:100,000円/泊〜(朝食・夕食・飲物・軽食含む)
    ※表記料金は1室2名利用時の1室あたりの料金、消費税・サービス料・宿泊税込
  • チェックイン:15時から
  • チェックアウト:12時まで

丸福樓(まるふくろう)概要

所在地京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342番地(JR京都駅から車で6分、京阪本線七条駅から徒歩5分)
敷地面積802㎡
延床面積1716.08㎡
階数地上3〜4階建て(棟によって異なる)
竣工日2022年2月28日

pwa