Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

展示概要

AIと人間が共同で制作した玩具のようなアート作品《GANGU》が日本科学未来館の常設ギャラリー「零壱庵(ぜろいちあん)」 にて2019年11月14日から約1年間展示される。未来館が注目するテーマ「Miraikanフォーカス」の関連展示に、アーティストとしてクリエイティブ集団PARTYが選ばれ、人工知能の新しい可能性について提案する。

adfwebmagazine_gangu_party_main

《GANGU》は、5歳児に相当する知性を持つAIとアーティストである人間が共に創りあげたクルマの玩具。 近い将来、AIは人々を脅かすものになるのではないかと懸念されている。しかし、《GANGU》はAIの子供らしく新鮮な発想を見せてくれる存在。日本には神道の八百万の神やアニミズムを背景に、あらゆるものは生きとし生けるものになるという思想がある。人類にとって期待と不安が混じるAIという存在に対して、《GANGU》は共に遊ぶ仲間であったり、共に創るアーティストとしての未来を示している。5歳児のAIと共に《GANGU》をつくりあげた、PARTYの試行錯誤も壁一面に展示される。

adfwebmagazine_gangu_party_3

adfwebmagazine_gangu_party_5

adfwebmagazine_gangu_party_2

adfwebmagazine_gangu_party_4

PARTY

アイデア、デザイン、テックビジネスを越境し、未来の体験を社会実装するクリエイティブ集団。成田空港第3ターミナルの空間デザイン、雑誌WIRED日本版のクリエイティブディレクション、YouTubeオリジナル番組「のんたれ」の企画制作、パンテーン「#この髪どうしでダメですか」の広告キャンペーン企画など、最新テクノロジーとストーリーテリングを融合した数多くの実績がある。アートと個人の関係を、テクノロジーで変革する「The Chain Museum」など新規事業開発も行なっている。

展示情報
作品名GANGU
会場日本科学未来館
期間2019年11月14日~(約1年間の常設展示)
企画・制作
AI + PARTY
展示プロデュース
内田 まほろ 高橋 里英子 (日本科学未来館)
監修
伊東 順二(美術評論家、東京藝術大学 特任教授)
URLhttp://bit.ly/2rMTT9P