神田明神から“日本全国のあかり”を世界に発信。初開催の体験型展覧会“アナログ×デジタル”のあかり

初開催となる「江戸東京あかり」展は日本全国から35人以上のクリエイターが参加し、2019年12月7日(土)から2020年2月9日(日)まで開催される。アート、祭り、デザイン、職人、テクノロジーといった五つのジャンルが“あかり”を通じて1つとなる。最大の特徴は、アート展示にアトラクション要素を組み合わせたアート系アトラクションであり、従来のアート展にはない体験ができる内容となっている。アート作品を鑑賞するだけでなく、演者やアート作品への投げかけによってストーリーが展開する。来場者の選択により、ストーリーの結末や鑑賞できる作品、演出効果が変化していく。

adfwebmagazine_edo_akari

また、来場者の投げかけに応じて、青森ねぶたをはじめとしたアナログな立体作品が呼応するなどアナログ・インタラクティブな体験ができる。“アナログなアート作品にデジタル技術を融合する”という既存のアート展覧会には無い取り組みを行う。本展は神田明神文化交流館地下1階のEDOCCO STUDIOで開催される。「伝統×革新」をコンセプトに、新たな文化を創出する交流の場として昨年2018年にオープンした施設。

adfwebmagazine_edo_akari5

adfwebmagazine_edo_akari2

adfwebmagazine_edo_akari4

イベント情報
イベント名江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博
会期2019年12月7日(土)〜2020年2月9日(日)
開場時間月〜木10:00〜19:00(最終入場18:30)
金〜日10:00〜20:00(最終入場19:30)
*2020/1/1〜1/3及び祝日は20:00閉場(最終入場19:30)
会場神田明神文化交流館地下1階 EDOCCO STUDIO (東京都千代田区外神田2丁目16−2)
入場料一般 1,500円、前売り 1,300円、小中高校生 1,000円、未就学児無料
主催一般社団法人 千代田中央文化交流推進機構、株式会社CoCoRo