多様なバーチャルならではのコンテンツを提供

HIKKYは2022年12月3日(土)から12月18日(日)までメタバース上で開催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」の出展企業第1弾として、各企業のブース内容及び企業ブースが出展される会場の詳細を発表する。今回のバーチャルマーケット2022 Winterでは、JR東海、ディズニープラス「ガンニバル」、ヤマハ、Lenovoなど様々な業種の企業の初出展が決定。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-15

各社多様なバーチャルならではのコンテンツを提供し、メタバースの世界を楽しむことができる。さらに化粧品業界から初出展となるMARY QUANT、今回で5度目となる大丸松坂屋百貨店、BEAMSなども出展が決定し、第3の商空間として注目を浴びるメタバースコマースをより一層盛り上げる。

バーチャルマーケット2022Winterのテーマは「Next Journey」

メタバース上では時間や距離の概念を気にせず、いつでもどこでも “旅”に出ることができる。そんなメタバース空間に新しく旅に出るように、様々な体験や楽しみを提供したいという想いから今回のテーマが決定した。今回の企業出展会場の舞台はパリ、名古屋、札幌をパラリアル化した3会場。

パラリアルパリ会場

パリの象徴である凱旋門やエッフェル塔などの有名スポットを再現し、シャンゼリゼ通りを再現した通りに様々な企業ブースが軒を連ねる。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-11

パラリアルパリ

パラリアル名古屋会場

名古屋のシンボル名古屋城や現在ではリアルでは見ることのできなくなってしまった飛翔のオブジェを復刻させ設置し、久屋大通を再現した通りに企業ブースが軒を連ねる。最終地点にはJR名古屋駅を再現したバーチャル名古屋駅へ繋がる。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-1

パラリアル名古屋

パラリアル札幌会場

大通公園とすすきのエリアを再現し、様々な企業ブースを設置。大通公園では札幌名物・雪まつりも実施し、会場には雪が降るギミックも搭載。各会場、メタバース上でだからこそ創り上げることができる、パラリアルな街を表現する。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-12

パラリアル札幌

出展企業紹介

JR東海、ジェイアール東海エージェンシー

東海旅客鉄道(JR東海)、ジェイアール東海エージェンシーがバーチャルマーケットに初出展。パラリアル名古屋内に、現実の名古屋駅を3Dモデルで精巧に再現した「バーチャル名古屋駅」を展開する。バーチャル名古屋駅内では様々な企業とのコラボブースや、リニア中央新幹線(L0系改良型試験車)・東海道新幹線(N700S)へのバーチャル乗車体験など、メタバース空間だからこそ実現できる各種コンテンツが用意される。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-13

ディズニープラス 「ガンニバル」

ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス「ディズニープラス」の「スター」にて2022年12月28日より独占配信されるドラマ「ガンニバル」の世界観が存分に味わえるブースが出展。パラリアル名古屋に出展するブースからバスに乗ると、ドラマの舞台である「供花村(くげむら)」の世界にワープし、村に赴任してきた警察官 阿川大悟として、ドラマ同様に次々に起こる事件を体験。村に充満する不穏で排他的な空気、一息も尽かせぬ緊迫感をドラマさながらに体験することができる。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-2

ヤマハ

今回初出展のヤマハは、ヤマハ銀座店の外観を模した3階建てのビルを制作。1階はヤマハのピアノ、サックス、ドラム、エレキギター、エレキベース、アンプの3D楽器を展示。360°にわたり楽器の細部を見ることができ、曲に合わせて楽器演奏を楽しむ試奏体験も可能。2階にはヤマハのライブ配信向け機器「AGシリーズ」を3Dアイテム化して展示し、有名ボカロプロデューサー、ピノキオピーの代表作「神っぽいな」“踊ってみた”のライブ配信を疑似体験できるステージを設けるほか、初音ミク(© CFM)・Megpoid(© INTERNET Co., Ltd.)のフォトブースや、「VOCALOID6」の紹介エリアが用意され、ボカロカルチャーを存分に楽しむことができる。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-3

Lenovo

初出展のLenovoは、Lenovo(レノボ)のゲーミングPC「LEGION」のタワーモデルをモチーフにした巨大ブースを展開。VRやゲームを快適に楽しめるゲーミングPCなど6種を展示・販売する。また、パワフルさと静音を両立した冷却システムを体感できる「水冷体験」も用意。ユーザーがブース内に滞在し続けることで、時間と共にブース内の温度が上昇。水冷ウォータースライダーに乗ってユーザーがブース内を滑り降りることで、PC内の温度が正常に戻るという仕掛けとなっている。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-4

ビームス

バーチャルマーケット5度目の参加となる今回は、パラリアル名古屋にBEAMSバーチャルショップが登場。1階ではバーチャルでもホリデーシーズンの装いを楽しむためのアバター用3D衣装として、全国の店舗や公式オンラインショップでも販売中のスーツ・ワンピース・冬小物などを販売。2階はホームセンター「カインズ」とのコラボレーションで、サンタになって子供部屋を完成させるゲームをクリアすると素敵なプレゼントがもらえるほか、カインズのペットブランド「Pet’s One」でBEAMSがデザインする犬用のウェアも販売する。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-5

大丸松坂屋百貨店

今回で5回目の出展となる大丸松坂屋百貨店は、パラリアルパリ会場に出展。リアル店舗の特徴を盛り込んだデザインの百貨店ブースを制作し、年末年始の食卓にぴったりな“ごちそうグルメ”約2900点をリアルで購入することができる他、オリジナル食品3Dモデル8セットの販売も行われる。食品に加え、初となるアートや寝具の展示販売も実施。アートエリアでは、アーティスト野原邦彦の作品4点の世界感をメタバースならではの演出で楽しむことができる。今回も一般VRユーザーからメタバース接客をするアルバイトを15名採用。会場内でのおもてなしを行う。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-6

マリークヮント コスメチックス

コスメブランド業界からバーチャルマーケット初出展となるマリークヮント コスメチックスは、「年齢や性別にとらわれずコスメやファッションを楽しんでいただくこと」をテーマに、デイジーロゴが光輝く華やかなブースを制作。店内にはフォトブースや、カラフルなメイクグッズが並ぶ観覧車型の商品棚、年代別のメイクが楽しめるコンテンツなどを用意。さらに、年代別の流行メイクを遊びながら学べるコンテンツでは、顔の前にメイクアイテムをかざすことで60年代、80年代、2022年の3パターンのメイクをアバターで楽しめる。adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-8

その他にも、数多くの企業の出展が決定。その他の企業出展ブース詳細は随時発表される。

adf-web-magazine-virtual-marke-2022-winter-14

出展・協力企業、IP、アーティスト一覧 ※順不同、11月22日時点での発表企業を掲載

「バーチャルマーケット2022 Winter」開催概要

会期2022年12月3日(土)から12月18日(日)まで
来場方法VR機器・ゲーミングPCからVRChat内特設ワールドに来場

pwa