産経新聞社が「全国ポストカードデザイン大賞」の応募作品を募集

全国ポストカードデザイン大賞」は日本三大公募展の「二科展」大阪展で毎年併催され、はがきサイズのキャンバスにイラストなどを描く公募展。2019年度に実施した第17回展には、「小学生の部」「中・高校生の部」「一般の部」の3部門に計2,510点の応募があり、入賞・入選作品295点が大阪市立美術館に展示された。

adf-web-magazine-post-card-design-award-sankei-1

adf-web-magazine-post-card-design-award-sankei

第17回全国ポストカードデザイン大賞 一般の部 大賞 山本遼「釣り」

2020年度の第18回展は、新型コロナウイルスのため延期となったが、インターネットで応募・展示を行う「web開催 全国ポストカードデザイン大賞」が開催される。応募募集期間は2021年2月15日(月)までとなる。

「全国ポストカードデザイン大賞」コンペ概要

テーマ自由(未発表作品に限る)
部門(1)小学生の部(2)中・高校生の部(3)一般の部
審査料1点550円 ※小学生の部、中・高校生の部、一般の部すべて一律
締切2021年2月15日(月)
審査員一般社団法人二科会デザイン部・関西地区会員
入賞発表2021年3月中旬、公式ホームページにて発表予定
※入賞者名は産経新聞紙面上にも掲載
各部門の入選作品の中から、特に優秀な作品に個人賞を、優秀な団体には団体賞を贈呈
※団体賞は、部門ごとに選考
褒賞各部門最高賞にはクオカード1万円分、受賞者には楯と賞状、入選者全員に賞状を贈呈

pwa