ルイ・ヴィトン 2021秋冬メンズプレコレクション

ルイ・ヴィトンは、メンズ・アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)による2021秋冬メンズプレコレクションを発表した。進歩する時代の後に続くのは、統合の時代であり、そこにあるのはニューノーマル、新たな日常。2021秋冬メンズプレコレクションを通してルイ・ヴィトンは、進化を続ける既存体制のドレスコードを探究する。それは一部の者により受け継がれ、他の者によって熱望される伝統的なテーラリングを意識したワードローブ。エリート主義を代表するコードを包括性の象徴に変換するという取組みの中、ヴァージル・アブローは、既存のラグジュアリーと2020年以降の社会におけるラグジュアリーという概念に適合することの意味を模索。古いコードを新たな価値観が支えるコレクションを通して表現するのは、すべての人に向けた進歩的な習慣の快適さ。

adf-web-magazine-louis-vuitton-2021-mens adf-web-magazine-louis-vuitton-2021-mens-2 adf-web-magazine-louis-vuitton-2021-mens-1

ニューノーマルの中でワークウェアを象徴するスーツは、ボックスシルエットで表現されている。現代における適合性の繋がりを感じさせるテーラリング。タイダイ・ギャラクシーのモノグラム・モチーフを大胆かつ無造作にデザインしたスーツや、アシンメトリーな「モノグラム」のレザーを用いて再構築したコート、袖に沿ってメゾン名をハイテクなエンボス加工で施したピーコートなど、今シーズンのメンズ・ワードローブの定番アイテムには、遊び心溢れるアイディアが反映。フードやジッパー付きのジャケット、デニム素材のスーツが新たな形を提案する一方、イブニングのデコラティブなコードは、ミッドレイヤーを通してさりげない存在感を主張する。カジュアル・ウェアは、伝統的なワードローブであるブルゾンやカーディガン、シャツに、ダミエ・ソルトを施し、クラシカルなモチーフと独特な風合いとなっている。

また「ファッションとフィクションは別物」、「昼間の職業はあなたを定義するものではない」といった、ルイ・ヴィトンにおける創作活動の一環として公開している「ヴァージル・アブローの辞典」からの引用を、コレクションの中に散りばめている。セーターにはインターシャのモチーフとして、アウターには、雨に濡れると言葉が浮かび上がるユニークなファブリックでこれらの言葉を表現。レザー、デニムをスケーターハットやキャップに使用し、ダミエ・ソルトのデザインでアップデート。アクセサリーは、LVイニシャルを刻印したチェーンがオーバーサイズで再解釈され、アイコニックなキューバンチェーンも展開する。