よりよい未来へ イッタラの挑戦

フィスカース ジャパンが展開する北欧デザインのパイオニアとして人気のイッタラから、2022年秋、リサイクルコレクションにガラス、磁器、テキスタイルのアイテムが新しく加わる。イッタラが大切にしているのは責任を持って考え、行動すること。現状にとどまることをよしとせず製品開発に投資し、デザインプロセス、最新の技術を用いた制作工程を随時見直している。adf-web-magazine-iittala-recycled-edition-1

革新的・機能的でありながら、美しいデザイン、芸術性を持つこと。そして、使いつづけることができるタイムレスなプロダクトをつくること。

イッタラのサステナビリティの目標はタイムレスなデザインを生み出すだけでなく、環境に優しい原材料を使用し、リサイクル素材の使用率を上げるなどバリューチェーン全体において環境に対して責任ある取組みをすること。また廃棄物を最小限に抑えるために、2030年までには事業から出るすべての廃棄物をリサイクルまたは再利用し、埋立地に送る廃棄物をゼロにすることを目標としている。イッタラはコミュニケーション活動を通して世の中にポジティブなインパクトを与えたいと考え、2022年にフィンランド、スウェーデン、日本を含む主要マーケットの慈善団体に寄付を行い、次世代を担う子供や若者のより幸福な未来を支援する。日本ではベネッセこども基金に寄附を行い、様々な理由で経済的に困難な状況の中でも充分な教育を受け選択肢の広い未来をつくることができるようサポートを行う。

リサイクル素材の活用で先駆ける

また、イッタラのサステナビリティの目標のひとつとして、コレクションにおけるリサイクル素材の使用量を増やす取り組みもしている。その道のりは2019年、イッタラがフィンランドのイッタラガラス工場でリサイクルガラスのみを使用した初のガラスアイテムをラーミタンブラーで発表したところから始まる。以降も100%リサイクルガラスのコレクションは継続的に開発、テストがつづけられ、毎年コレクションが広がっている。今年はイッタラのリサイクルガラスコレクションに新しいアイテム、ウルティマ ツーレ オールドファッショングラスSが加わる。

秋には、イッタラの継続的な研究開発の成果として素材の一部にリサイクル素材が使用された初の磁器製品も登場予定で、新登場のティーマ マグ 0.3Lリサイクルはリサイクル磁器を15%素材として使用することで高い品質を保っている。リサイクル素材を使用することは、廃棄物の埋め立てを防ぎ、新しい素材の使用を減らすことで環境への負担を軽減する取り組みの一端となる。イッタラは世界で初めて100%リサイクル素材のガラスアイテムを製造した工場のひとつであり、磁器にもリサイクル素材を導入し、リサイクルへの取組の先駆者となっている。

循環型社会への投資

今後イッタラガラス工場で生産する全てのガラス製品から鉛とカドミウムを排除し、今回、鉛&カドミウムフリーのフクロウが登場。今後は少し柔らかい色合いでよりエシカルになったフクロウたちを楽しむことができる。イッタラは、これからも様々な方法で限りある資源を効率的に利用し、リサイクルなどで循環させながら持続して使い続けていく循環型社会に投資をしていく。

イッタラについて

イッタラは1881年フィンランド南部にあるイッタラ村でガラス工房として誕生。優れたデザイナー達とクラフトマンの情熱に支えられ、テーブルウェアだけでなくインテリアアイテムにもラインナップをひろげながら現在に至る。北欧デザインのパイオニアとして「人々の暮らしをより豊かにする」という企業理念のもと、世界的に有名なデザイナーや建築家を多数起用し、ただ美しいだけでなく機能性・本質を大切にした、日常的で世代を超えて受け継ぐことのできる流行に左右されないタイムレスなデザインを追求している。

フィスカースについて

「フィスカース(Fiskars)」はフィンランドの小さな村の製鉄所として1649年に設立され、370年以上の歴史を誇るブランド。現在はフィスカース、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド、イッタラ、ガーバーなど、世界的に有名なブランドを抱える大手ライフスタイルグループ企業に成長した。“Making the everyday extraordinary(毎日をこの上ない特別な日にする)”を提供することを目指して、フィスカースジャパンは2017年に発足した。