空間の可能性を探求

住宅設備機器と建築資材のインターネット販売を行うサンワカンパニーは、今年で7回目となる「サンワカンパニーデザインアワード2022」を開催する。未来のくらしを楽しく、美しくしていくプロダクトアイデア及び、商品を使用した空間の施工事例を募集し、「私たちが提供するのはモノではなく空間です」というコンセプトの下、顧客の理想の空間やくらしを実現する商品やサービスを提供する。また、業界初の「ワンプライス」という独自のビジネスモデルに挑戦して「世界のサンワカンパニー」を目指している。adf-web-magazien-sanwa-company-design-award-1

開催の背景と目的

本アワードでは年齢・国籍問わず、同社と同様にチャレンジスピリットを持つ建築家やデザイナーの挑戦を支援し、今後の建築やデザイン業界の活性化に貢献したいと考え。

開催スケジュール

  • 応募期間:2022年7月1日(金)から10月31日(月)まで
  • 表彰式:2023年1月東京都内にて開催予定

プロダクトデザイン部門

テーマ:くらしと向き合う

昨今の社会や生活の変化により、人々は自分のくらしを見つめ直し、住まいについて改めて考えるようになっている。物事の本質や持続可能性を考えるようになった今の時代に、必要とされるプロダクトとはどのようなものか。サンワカンパニーに開発してほしい住宅設備や建築資材のアイデアを募集。

施工事例部門

テーマ:サンワカンパニー商品を使用した空間の施工事例写真

「私たちが提供するのはモノではなく空間です」というコンセプトの下、商品によって実現できる空間の可能性を追求するべく、当社商品を使った空間の施工事例写真を募集。

審査委員、表彰について

プロダクトデザイン部門
  • 審査委員長:倉本仁(プロダクトデザイナー)
  • 審査員:西尾洋一(Casa BRUTUS編集長)、勝沼潤(サンワカンパニークリエイティブ顧問)
    山根太郎(サンワカンパニー代表取締役社長)、津﨑宏一(同取締役副社長)、濱田広一(同商品部長)
表彰

最優秀賞1点(賞金50万円)他

施工事例部門
  • 審査委員長:藤本壮介(建築家)
  • 審査員:山根太郎(サンワカンパニー代表取締役社長)、津﨑宏一(同取締役副社長)、濱田広一(同商品部長)
表彰

最優秀賞1点(賞金50万円)他

昨年の受賞作品

adf-web-magazien-sanwa-company-design-award-3

2021年プロダクトデザイン部門 最優秀賞作品 『Gym Bench』by wah 八田 興 / 脇坂 政高

adf-web-magazien-sanwa-company-design-award-2

2021年施工事例部門 最優秀賞作品 『ETERNALLY』by タカラスペースデザイン(株) 藤井智大

2021年は前年の応募総数(571点)を大きく上回る688点の応募が集まった。また、2018年より「新人アワード」を設け、若手のデザイナーや建築家の活躍を応援している。過去には学生や海外からの応募者も受賞した実績がある。


pwa