「カヴァレット」シリーズを拡大

アンジェロ・マンジャロッティのオリジナルデザインを復刻するために設立されたブランド・アガペカーサが、1950年代に巨匠ブルーノ・モラスッティと共にデザインしたシリーズ、「カヴァレット」システムを拡大する。現在はアガペカーサのマンジャロッティ・コレクションとして独占的に生産されているライン。

adf-web-magazine-agapecasa-1

Cavalletto system - Cavalletto daybed and Cavalletto shelves and storage units
Photo credit: Agapecasa

adf-web-magazine-agapecasa-2

Cavalletto shelves and storage units and Cavalletto chair
Photo credit: Agapecasa

カヴァレットシリーズは一貫したアイコニックなデザインで、マンジャロッティ・アーカイブスによりその理論的、構成的、形式的なオリジナリティが忠実に守られてきた。

独創的な多様性を持つ家具システム、カヴァレットの歴史は1953年に遡る。その本質は、いつの時代にも一貫したデザイン環境を作り出すため、組み立て、分解、改造がきわめて柔軟に行える木造家具を製造すること。蟻継ぎで重ね合わせられる特徴的な逆さV字型のエレメントによって、カヴァレットは棚や収納ユニットをロックして固定することができる。今日、アガペカーサはマンジャロッティ・アーカイブスの他のシステム部品も使用しており、そのすべてがネジやボルトを必要としない連結の原理に基づいている。

adf-web-magazine-agapecasa-4

Cavalletto daybed and bedside table
Photo credit: Agapecasa

adf-web-magazine-agapecasa-3

Cavalletto coffee table
Photo credit: Agapecasa

adf-web-magazine-agapecasa-5

Cavalletto system
Photo credit: Ikkio

adf-web-magazine-agapecasa-6

Cavalletto daybed - detail
Photo credit: Ikkio

adf-web-magazine-agapecasa-7

Cavalletto daybed - detail
Photo credit: Ikkio

デイベッドはクッションの高さで、ナイトスタンド兼テーブルトップのサイドテーブル要素と組み合わせることができる。フラップ扉モジュールと、無垢材の取っ手が付いた3つの引き出しを備えた引き出しモジュールは、独立して設置することも、他の要素と一体化させることもできる。正方形のコーヒーテーブル(80x80cm)は、3つの側面に逆V字の要素があり、カヴァレットコレクションの他の要素に取り付けることができ、無限大のモジュラー組み合わせを示唆している。

アガペカーサはカヴァレットで、アンジェロ・マンジャロッティが大胆な機能性と組み合わせた素材の詩を語り続けている。一貫性と美しさ、倫理と美学を力強く融合させた、多面的な人物のデザイン文化を物語る、時代を超越したアイコンだ。

Agapecasa

アガペカーサは、アガペのデザイン文化への情熱と、アンジェロ・マンジャロットとの長年にわたるコラボレーションの結晶である。20世紀を代表するイタリアンデザインと建築の巨匠、アンジェロ・マンジャロッティの、時代を超越したオリジナル作品を復刻するために誕生した。アガペカーサ・コレクションには、テーブル、チェア、本棚、花瓶などがある。アンジェロ・マンジャロッティの他の作品同様、これらの作品は優れたデザインの真髄である。これらの時代を超越した家具は、物質、形、技術、思想が、首尾一貫し、融合している。


pwa