Foster + PartnersがBODW2019で講演

英国有名建築デザイン事務所であるFoster + Partners(フォスター・アンド・パートナーズ)は画期的なビジョンにより、王立英国建築家協会(RIBA)スターリングアワードをこれまで何度も受賞しています。1,500人を超える建築家を擁するFoster + Partnersの事業は、世界で最も有名な多くのランドマークに加え、ワシントンDCのアップルカーネギーライブラリー、サウジアラビアのハラマイン高速鉄道やOLED TVスクリーンからデザイナーズチェアまで、多様で先進的なデザインプロジェクトに及んでいます。

adfwebmagazine_BODW2019-YOUNG

ヤング・ウェイヤン・チウ(Young Wei-yang Chiu)、Foster + Partners パートナー

さらに今度は、Foster + Partnersは月を目指しています。Foster + Partnersは、3Dプリンターとロボットを利用して月面での居住地を建造するために、欧州宇宙機関によって設立されたコンソーシアムのメンバーに招聘されました。建設資材の90%以上は月の土壌から採取できると予想され、月に資材を輸送する必要性が減ります。 Foster + Partnersのパートナーであるヤング・ウェイヤン・チウ(Young Wei-yang Chiu)は「BODW 2019」にスピーカーとして参加し、Foster + Partnersの月面でのプロジェクトを含む有名なプロジェクトについて講演をします。

ヤングは世界有数のデザイン事務所のうちの一つで働くということが一体どういうことなのかということについても話をします。建築家がプロジェクトに多大な時間を費やすことはめずらしいことではなく、議論の後に案を却下することはよくあります。建築家は最良の解決策にたどり着く前に、数多くの不完全な案を経験する必要があります。それがデザインの厳密なプロセスとトップレベルでのコラボレーションの本質に解決の光を当てるということなのです。

ヤングの講演に興味がある方は、香港デザインセンター(HKDC)が主催するBODW 2019ADF用早期割引(30%ディスカウント)が受けられますので、チケットをお求めの方は下記のサイトからお求め下さい!
bodw.com/aoyama

BODWについて

BODW」は2002年のスタート以来、世界クラスのデザインイベントに成長しました。デザイン界の有名人が登壇するスピーカーのラインアップは、様々なデザイン領域とデザインマネジメントを包括し、これまでに16万人以上の業界人の参加を集めています。簡単な例を挙げれば、過去2年間のスピーカーには、オランダのリー・エーデルコート、Wallpaper *の元編集長兼クリエイティブディレクターのトニー・チェンバース、建築家の伊東豊雄、藤本壮介、イタリア人彫刻家のエドアルド・トレソルディ、英国デザイン評論家、作家のアリス・ローズソーンなどが参加しております。