「日本美術の裏の裏」開催

サントリー美術館は、2020年9月30日(水)から11月29日(日)まで、リニューアル・オープン記念展 Ⅱ「日本美術の裏の裏」を開催する。日本人にとって「美」とは、生活を彩るもの。室内装飾をはじめ、身のまわりのあらゆる調度品を、美意識の表現の場としてきた。そのような「生活の中の美」を愉しんでもらいたい、それが1961年の開館以来変わることのない、サントリー美術館の基本理念となる。

adf-web-magazine-suntory-museum-of-art-japanese-art-deep-and-deeper-2

一方、美を生み出してきた日本人の「生活」そのものは大きく変化している。障子や畳、床の間が住まいから姿を消し、古文も外国語のように感じられる今、古美術をどう愉しんだらよいか。本展では、生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品を紹介する。 古の人々の愉しみ方を知り、追体験することは、現代人にとって知られざる「裏」の鑑賞となるかもしれない。

「裏」には、見えない部分だけでなく、奥深く、隠された内部という意味があり、日本美術をより深く愉しめるように、教科書では教えてくれない面白さを案内する。目に見えていない(=裏)ところにこそ、魅力が隠れているかもしれない。

「日本美術の裏の裏」展概要

会期2020年9月30日(水)~11月29日(日)
※作品保護のため、会期中展示替を行う。
※会期は変更の場合があり。
主催サントリー美術館、朝日新聞社
協賛三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス
会場サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
URLhttps://bit.ly/2PrgJfE

pwa