ロベール・ドアノー展

そごう美術館ではロベール・ドアノー展2020年2月1日(土)から3月15日(日)まで開催する。20世紀を代表する写真家ロベール・ドアノー(1912-1994)は報道写真やファッショ写真で活躍したフランスの写真家。シモーヌ・ド・ボーヴォワール、パブロ・ピカソやジャン・コクトーなどのアーティストや多くの文化人のポートレートも手がけた。有名な作品にはパリの雑踏の中の恋人たちをとらえた《市役所前のキス》などがある。パリ郊外のジョンティイに生まれたロベール・ドアノーは、石版画を学んだのち、18歳の頃より本格的に写真に携わる。雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』などの仕事を行う一方で、パリの街を歩き回り、パリの日常をユーモアと愛情を持ってカメラを向けた。

ロベール・ドアノー市役所のキス

《市役所前のキス》1950年 ©Atelier Robert Doisneau/Contact

ロベール・ドアノーパピヨンの子供

《パピヨンの子供》1945年 ©Atelier Robert Doisneau/Contact

ロベール・ドアノーピカソのパン

《ピカソのパン》1952年 ©Atelier Robert Doisneau/Contact

本展は人間を感じさせるドアノーの作品を「恋人」、「街路」、「子供達」、「酒場」、「芸術家」の5つのセクションにわけ、オリジナルプリント約75点を展示する。またアトリエ・ロベール・ドアノーを訪ね、撮影した写真や娘たちへのインタビュー映像なども交えてドアノーの世界を多角的に探る。

「ロベール・ドアノー」展関連イベント

映画上映

「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒」(2016年製作)
ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル監督によるフィルム。
日時:2月8日、15日、22日、29日、3月7日(いずれも土曜日)午後3時より(80分)定員:40名(先着順)
参加費:無料 *別途入館料が必要。事前申し込みは不要。

ミュージアム・トーク

「アトリエ・ロベール・ドアノーを訪ねて」
2019年11月、パリ郊外にあるアトリエ・ロベール・ドアノーを訪ね、娘たちにインタヴューした撮影秘話やアトリエの様子などを紹介します。
講師:梶川由紀(何必館・京都現代美術館キュレーター)
日時:2月9日(日)午後2時〜3時
定員:40名(先着順)
参加費:無料 *別途入館料が必要。事前申し込みは不要。

写真のワークショップ 「モノクロフィルムとスナップショット」

フィルム写真の仕組みと、スナップショット(写真)について知ろう!
講師:田村尚子(写真家)
日時:2月23日(日)第1回 午前10時30分〜12時10分(休憩10分)
第2回 午後2時〜3時40分(休憩10分)
定員:各回15名(事前申し込み、先着順)対象:中学生以上
参加費:800円 *別途入館料が必要。(中学生以下無料)
参加方法:そごう美術館へ電話による申し込み

「ロベール・ドアノー」展 情報

展示会名ロベール・ドアノー
会期2020年2月1日(土)~3月15日(日)
場所そごう美術館(そごう横浜6F)
休館日会期中無休
開館時間午前10時~午後8時 ※入館は閉館の30分前まで
料金一般1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料