現代建築 / インスタレーション / 遺産との親密な関係

第18回ヴィーヴ建築祭(FAV)は、モンペリエの中心部、エキュソン、特に特定の邸宅の中庭で開催される。一方で、モンペリエの目的としては、これらの象徴的な場所をフェスティバル期間中に来場者に開放することで、来場者に建築をめぐる楽しみを提供することである。

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-13

Photo credit: FAV

テーマ リズム

パリ・オリンピックの年である2024年は、建築と身体、パフォーマンス、規律、そこから生まれる動きや構造との関係を再考する機会である。スポーツは長い間、芸術や文学と密接に結びついてきた。より身近なところでは、ベルナール・ツクミが「空間における動きなくして建築はない」と断言し、空間、時間、動き、出来事の複雑な関係をダイアグラムやその他のフォトグラムによって浮き彫りにする「ノテーション」を通して、彼が広範囲に、そして以前に経験してきたことを肯定している。

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-11

FAV 2023- The flowers of disease - HAGOJO Architects
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-12

FAV 2023- Livrons-Nous - Le DEUNFF Viviane / MARIE Camille / JEANJEAN Charlottes - Architects
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-1

FAV 2023 - CON-TEMP(S)L(E)-ATION - ALAUX Mathilde / DUBOIS Clémence Architects
Photo credit: Photosarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-10

FAV 2023 - Washi Paper - YET Architecture
Photo credit: Photoarchitecture

エティエンヌ=ジュール・マレー、そしてエドワード・マイブリッジのクロノフォトグラフィーは、選手たちの動きの分解と変化を正確に視覚化することで、その機能を理解することを可能にした。この技法は、科学的な正確さと詩的で美的な回想の間の不連続な流れを組み合わせ、動きの錯覚を与える。

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-2

FAV 2023 - Ici Fût - LAFLEUR CHARTIER Christophe Architect
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-4

FAV 2023 - MAKE A WISH - Clestudia & WOW estudio - Architects
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-3

FAV 2023 - Matière Morte - AJAM Architect
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-8

FAV 2023 - Two point five planets - SPINOLA Vicente - Architect
Photo credit: Photoarchitecture

多かれ少なかれ、特定の拍子で互いに続く長いシークエンスの連続によって構成される各楽章は、その特異なバリエーションのおかげで、独自のリズムを持っている。音楽家ジョン・ケージにとって、"リズムは基本的な事柄であり、それは時間の構造である"。

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-5

FAV 2023 - MédiFAV - School of Architecture of Grenoble
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-6

FAV 2023 - Pyramis Misicam - FABRICARE Architect
Photo credit: Photo architecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-7

FAV 2023 - The Holy Wells - SCHAENGOLD David / TYRON Jérôme Architects
Photo credit: Photoarchitecture

adf-web-magazine-open-call-fav-2024-9

FAV 2023 - Vérité - LoCo Architectes
Photo credit: Photoarchitecture

選考方法

若手建築家およびランドスケープ・アーキテクトを対象とし、若い建築家の創作を促進することを目的とする。多分野のチームを結成することも可能であるが、少なくとも1人の建築家で構成される必要がある。

応募者

このフォームを使用し、応募書類は10MB以内のPDFファイルとして送付すること

申請ファイル

申請ファイルは以下の書類で構成されなければならない。

  • ダウンロードし、各メンバーの履歴書を添付して返送するチームのプレゼンテーション(必須)※チームメンバー1名につきA4サイズ1枚
  • 建築実績、インスタレーション、コンペティションなどの図解付き参考資料(必須)
  • フェスティバル・デ・アーキテクチュール・ヴィヴのテーマに関する意見書※このメモは1ページ程度で、候補者がどのようなインスタレーションを想定しているかを表現し、画像を添付すること(必須)
選考結果

2024年1月

応募締切

2023年12月4日23時59分(フランス時間)

選出された10チーム
  • フェスティバルは2024年6月11日から6月16日まで開催
  • インスタレーションの設置・撤去は、2024年6月5日から6月10日まで、チーム自身が現地で行うこと
  • 解体は2024年6月17日を予定
  • 2024年2月に開催される視察ツアーで現地を訪問することができる
  • 10件のプロジェクトに対し、1,500ユーロ(税込み)の補助金が交付される
  • 2024年末第18回大会の成果をまとめた本が出版

ヴィーヴ建築祭

建築家ヴィーヴ祭は、文化に関連するあらゆる領域を統合することによって、もはや実現を通して自己を主張することをためらわない建築実践の進化に応えようとするものである。「生き生きとした建築」は、本質的に短命で進化的なものであり、地域化され、短い時間性の中で登録され、特定の場所のために考案されたものである。毎年、フェスティバルには多くの人が訪れ、2023年には13,000人以上の来場者を迎えた。


pwa