舘鼻則孝による茶室での個展「Distance」が山口県立萩美術館・浦上記念館にて開幕

山口県立萩美術館・浦上記念館にて、舘鼻則孝による茶室での個展「Distance」が2023年4月8日(土)から2024年3月24日(日)まで開催されている。今回、本展のために特別に制作された《Descending Painting (Folding Screen)》が屏風型の新たな絵画作品シリーズとして初公開された。また、山口県萩市の市花でもある「椿」をモチーフとした《Camellia Fields》や舘鼻則孝の代表作である《Heel-less Shoes》も展示されている。《Heel-less Shoes》は、期間中2ヶ月ごとに6回の展示替えを行い、全6種の作品が展示される予定だ。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-15

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

展示内容

本展覧会で初公開される《Descending Painting (Folding Screen)》は、屏風型の支持体を5層重ねることで絵柄が完成するように描かれている。本作は、室町時代後期から江戸時代にかけて描かれた「洛中洛外図」から着想を得て制作されており、絵画という平面的なフォーマットに対しての空間的な表現への探究から生まれた作品とも言えるだろう。アクリル製の透明な支持体を用いることで生まれる視差効果(パララックス)を生かした表現手法は、舘鼻則孝が2018年に発表した《Vanishing Point Series》に代表されるような「境界線」や「消失点」に焦点を当てた作品とも関連性を見て取ることができる。

本展覧会のタイトルとなっている「Distance」は、そのような要素を包括的に捉えた言葉として、舘鼻則孝によって選ばれた。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-14

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

雷雲が描かれる「ディセンディングペインティングシリーズ」について

《Descending Painting Series》は、仏教において、臨終を迎える際に、阿弥陀如来と菩薩が雲に乗り迎えに現れる場面を描いた「来迎図(らいごうず)」に着想を得て制作されたもの。舘鼻則孝の描く来迎図には、阿弥陀如来と菩薩が描かれる代わりに雷が描かれている。雷は、神道における依代(よりしろ)に「神のみたまが依り憑く」場面をモチーフとして表しているとも言える。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-17

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

萩市の市花でもある「椿」をモチーフとした彫刻作品「カメリアフィールズ」について

《Camellia Fields》は、舘鼻則孝が幼少期から過ごしていた鎌倉の風景から着想を得て制作された彫刻作品。現在は「武家の古都」と呼ばれる鎌倉のかつての武家屋敷では、椿が好んで植えられていた。それは、花弁が散らずに花ごと落ちる椿を「潔い死」に見立てた武士独特の死生観に由来するものである。「椿」は山口県萩市の市花としても制定されており、見頃を迎える2月中旬から3月下旬には、《Camellia Fields》のモチーフともなった「落椿(おちつばき)」が地面を赤く彩る光景を見ることができる。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-4

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

舘鼻則孝の代表作「ヒールレスシューズ」について

《Heel-less Shoes Series》は、江戸時代の花魁が履く高下駄から着想を得て制作された舘鼻則孝の代表作。東京藝術大学の卒業制作展のために初めて作られた本作は、米国歌手のレディー・ガガに愛用されたことでも世界的に知られている。。舘鼻は、大学時代に日本の伝統工芸を専門的に学び、手仕事にこだわりを持って制作しています。現在でもその制作工程については、全て自身の工房の手仕事で行われている。《Heel-less Shoes Series》は、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館のパブリックコレクションとして永久収蔵されている。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-6

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

第2作品目として6月1日(木)より展示されるのは《Baby Heel-less Shoes》。舘鼻則孝が友人から依頼されたファーストシューズの制作がきっかけとなり、後に作品化された。「赤ちゃんがはじめて履く靴」であるファーストシューズに使用する11センチの木型が用いられており、工程数や素材はそのままに《Heel-less Shoes》がスケールダウンされて再現されている。本作は、履くことを目的としていないオブジェクトであり、コレクタブルな作品として様々なバリエーションが制作されている。

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-8

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

舘鼻則孝(たてはな のりたか)プロフィール

adf-web-magazine-tatehana-noritaka- distance-hagi-uragami-museum-13

© NORITAKA TATEHANA K.K., Photo by GION

舘鼻則孝は、1985年 東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で、幼少期から手でものをつくることを覚える。2010年に東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻を卒業。遊女に関する文化研究とともに、友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。2021年より、東京都が主宰する「江戸東京きらりプロジェクト」の一環として企画され、東京の伝統産業に焦点を当てたオンライン展覧会「江戸東京リシンク展」(小石川後楽園、2023)の展覧会ディレクターを務めている。

舘鼻則孝「Distance」開催概要

会期2023年4月8日(土) − 2024年3月24日(日)
会場山口県立萩美術館・浦上記念館 [本館茶室]
時間9:00~17:00
休館日月曜日(祝日・休日は開館)、年末年始

pwa