⾃然科学や神話なで様々な事象をテーマに

GALLERY ROOM・Aでは、2022年10⽉22日から11月27日まで熊倉涼⼦による個展「Mitákuye Oyás’iŋ」を開催する。折り重なるモチーフや画中画を写実的な技法を⽤いて、⾃然科学や神話など様々な事象をテーマに扱う熊倉の新作を楽しむことが出来る。

展覧会

古来、⼈間は他の動物たちを家畜や⾷料や資源として利⽤し、敵として駆逐し、神として崇め、その構造や能⼒を技術の発展に応用し、親しい家族のように愛玩してきた。近代では、あらゆる生き物を分析し、名前をつけて整理している。しかし⼀方で、⼈間と動物の境界は曖昧だ。分類にあたって動物の形質を調べることは、⼈間との類似点を発⾒することでもあり、彼らが人の遠い祖先や親戚であることがわかった。時代を遡るとある地域では人間と他の生き物は区別はなく、またある神話では人が獣の先祖であるとされた。我々は違うもののようでいて、あまり大差はないのかもしれない。私たち⼈間は、異なると感じるものを前にすると、無意識に他者として区別してしまう。でも例えば猫は⼈間のことを「⼤きい猫」程度に認識しているらしい。⼈が作る区別の基準は⼀方的なものでしかないけれど、私たちはその対象にどこかで優越感を持ちながら、敬い、羨んでもいる。

熊倉涼子

adf-web-magazine-ryoko_kumakura-2

熊倉涼子個展「Mitákuye Oyás’iŋ」展示風景

adf-web-magazine-ryoko_kumakura-3

熊倉涼子個展「Mitákuye Oyás’iŋ」展示風景

熊倉涼子 / Ryoko Kumakura

1991年東京生まれ。2014年に多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。現在、東京を拠点に活動。歴史の中で人々が世界を理解しようとする過程で生まれたイメージを元に、絵画を制作。あるひとつの事柄に対して多面的な視点で図像を集め、それを元に作品を構成している。そうしたモチーフを、写実的な描写や落書きのような線などの複数の描写法を混ぜたり、画中画やだまし絵の手法を用いて描くことで、視覚的に揺さぶりをかけ、目に見えるものとは何かを問う作品を制作している。主な展示に、2022年個展「Transient Images」(日本橋三越本店美術サロン)、2018年個展「Pseudomer」(RED AND BLUE GALLERY)、2021年 グループ展「Everything But...」(Tokyo International Gallery)、2018年熊倉涼子・永井天陽二人展「DI-VISION / 0」(TAV GALLERY)など。2021年「第34回ホルベイン・スカラシップ」奨学生、2019年「群馬青年ビエンナーレ」に入選。

GALLERY ROOM・A

年齢やジャンルにとらわれず国内外で活躍する様々なアーティストを紹介し、Artistの発表の場(ROOM)を創出しているコマーシャルギャラリー。アートプラットフォーム「ArtSticker」とインディペンデントキュレーターの⻘木彬との共同運営で、定期的に企画展を展開している。ギャラリーでの個展や作品販売だけではなく、ホテル客室での展示企画や、地域性を活かしたワークショップや宿泊プログラム、トークイベントなどを通じて“アート”を多様な解釈の中で経験するための場所としていくことを目指す。

熊倉涼子「Mitákuye Oyás’iŋ」開催概要

会期2022年10月22日から11月27日まで
会場GALLERY ROOM・A
開催時間8:00〜23:00
観覧料無料