東京都庭園美術館にて蜷川実花の新作を展示する「瞬く光の庭」が開催

東京都庭園美術館では、日本を代表する写真家・映画監督の蜷川実花の最新の写真と映像作品を展示する「瞬く光の庭」を、2022年6月25日(土)から9月4日(日)まで開催する。アール・デコ様式で装飾された本館(旧朝香宮邸)と新館の建築に蜷川の作品を重ねることで、様々な時間の交差する場を出現させ、植物から植物へと、あたかも蝶のように回遊しながら、蜷川のまなざしを追体験できる。

adf-web-magazine-mikaninagawa-flickering-light-1

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

本展に先立ち2018年より国内10か所を巡回した「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」は、コロナ禍までを含む蜷川のキャリアを総覧するものだった。本展では、さらなる飛躍を期待される蜷川の最新作と、ほかに類を見ない当館の建築空間との競演を楽しむことができる。蜷川が今、強く惹かれているという、光に溢れた色"光彩色"(こうさいしょく)の世界、夢かと見まがうかのような現実の一瞬を映し出す写真や、ダイナミックな映像インスタレーションによる、蜷川の新機軸となる「今」と「これから」が表現されている。

adf-web-magazine-mikaninagawa-flickering-light-2

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

本展の見どころ

本展初公開作品が目白押し

本展では、2021年以降に撮影された最新の植物の写真と映像作品を出品する。これらは、コロナ禍の国内各地で撮影された膨大な写真の中から厳選された作品である。また、本展のために当館の庭園で撮り下ろした作品も展示。

蜷川の世界観とアール・デコの建築の競演

蜷川の作品といえば、独特な色彩感覚で知られているが、最新作は光に満ち溢れ、柔らかな色調の“光彩色”(こうさいしょく)で彩られている。希望を感じさせる作品と、重要文化財に指定されている本館(旧朝香宮邸)のアール・デコ様式の装飾とのコラボレーションも必見。庭園美術館という唯一無二の建築空間と、蜷川による作品との競演をたっぷりと堪能できる。

新境地となる作品が集結

国内各地の植物園や庭園などで撮影された最新作では、一見すると夢のような光景に、美や儚さ、そして尊さを感じることができるだろう。さらに、ダイナミックな映像インスタレーションでは、作品世界に包み込まれるような体感を存分に味わうことができる。作家にとって新たな境地を示す展覧会となっている。

adf-web-magazine-mikaninagawa-flickering-light-3

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

蜷川実花 (Mika Ninagawa)について

蜷川実花は、1972年生まれの写真家・映画監督。村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)監督。Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』が世界190ヵ国で配信中。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台北現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催。2018年から2021年に全国の美術館を巡回した個展「蜷川実花展—虚構と現実の間に—」は各地で好評を博し、のべ約34万人を動員した。2022年、北京で最大規模の個展「蜷川実花展—虚構と現実の間に—」を開催中(6月19日まで)。最新監督作『ホリック xxxHOLiC』が2022年4月29日より公開。

蜷川実花「瞬く光の庭」開催概要

会期2022年6月25日(土)–9月4日(日)
会場東京都庭園美術館 本館+新館
開館時間10:00–18:00 *入館は閉館の30分前まで
休館日毎週月曜日 ただし7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は休館
入館料一般 1,400円/大学生 1,120(890)円/中・高校生 700円/65歳以上 700円 *オンラインによる事前予約制
特設サイトwww.mikaninagawa-flickeringlight.com

pwa