アート作品のNFT化を促進する、日本初のNFT美術館「NFT鳴門美術館」がオープン

徳島県鳴門市の「鳴門ガレの森美術館」を管理運営する「一般財団法人鳴門ガレの森美術館」は、「一般財団法人NFT鳴門美術館」と改称したのに伴い、2021年11月より美術館名を「NFT鳴門美術館」として再スタートすることを発表した。本館の開設により、日本国内における美術品及びアート作品のNFT化の普及を目指していく。adf-web-magazine-nft-naruto-museum-1

当法人は、美術品及びアート作品に関するNFTの発行、審査、販売(一次販売)、流通(二次販売)ができるNFTのマーケットプレイスを提供する。NFTの販売、流通に特化した美術館の設立は日本初となる。adf-web-magazine-nft-naruto-museum-3

主な事業内容

  1. 美術品の保存ならびに公開
  2. イベント事業による地域社会への貢献
  3. 文化事業の普及
  4. 諸外国諸国との文化交流事業
  5. 美術文化とデジタル文化に関する融合とNFTに関するすべての業務
  6. 前各号に付帯関連する一切の事業

adf-web-magazine-nft-naruto-museum-4

NFT事業の内容

募集・審査(ソーシング)
  • 市場調査
  • 募集
  • 作品・権利審査
発行(NFT化)
  • 作品用意
  • ブロックチェーン選定
  • ウォレット等インフラ用意
  • 必要暗号資産用意
  • NFT登録・発行
マーケット出展・管理
  • NFT原画の管理
PR企画・2次流通(プロミネンス活動)
作品カストディ・輸送・保険
  • 展示
  • NFT原画の現物印刷、版画印刷
バックオフィス管理
  • 会計処理
  • 権利移転手続き等

adf-web-magazine-nft-naruto-museum-2


pwa