食と誘惑の関係を探る3つの展覧会

デザインミュージアム・ホロンでは、人間と食の魅惑的な関係を形作る上でのデザインの重要な役割を探る展覧会「FOOD」を2023年11月11日まで開催している。この展示会では、イスラエルおよび世界中のアーティストやデザイナーによるアートやデザインのオブジェクト、日用品、インタラクティブなインスタレーション、ビデオ作品などを含む200点を超える多様なコレクションが展示され、さまざまな媒体や創造的な技術を通じて発表される。

adf-web-magazine-food-exhibition-10

InVitroCookbook_photo_KnittedMeat
Photo credit: free

この博物館は、展示スペース全体を、主題について洞察を提供する3つの異なる展示に捧げている。リオラ・ロジンとダナ・ベンシャロムがキュレーションしたメイン展示「FOOD」では、人間、食べ物、誘惑の間のとらえどころのない関係を考察し、この親密な関係の魅惑的な探求を提供する。また、ペリフェラル コリドー ギャラリーでは、訪問者は、アハロン ファイナー エデン マテリアル ライブラリーの館長、リオール ヘルモニ ガティがキュレーションした展覧会「Colored」を探索でき、食品着色料の役割と、視覚が食品の色の解釈にどのような影響を与えるかを探る。そして、デザイン ラボではタリア ジャノーバーが監修した、食品の未来を考察するインタラクティブなAIを活用した感覚インスタレーション「A Taste of The Future」を特集。訪問者が不完全さの美しさを鑑賞しながら、香りと記憶の関係を探求することを奨励する。

adf-web-magazine-food-exhibition-5

Cloaca Machine by Wim Delvoye, 2012
Photo credit: Elad Sarig

adf-web-magazine-food-exhibition-2

Photo credit: Elad Sarig

adf-web-magazine-food-exhibition-3

Photo credit: Elad Sarig

"FOOD"

デザインの世界にとって、食べ物は現実の原材料であると同時に象徴的な原材料でもある。今日のデザイナーは、現代の消費者文化に、時には批判的に対応しながら、食品のライフサイクルのさまざまな段階の研究、開発、デザインに携わっている。本展では、人間と食の基本的かつ複雑な関係と、この方程式におけるデザインの複雑な状況を、「欲求と欲望」「引力と反発」「抑制と保存と抑制」の3つの章に分けて考察している。

adf-web-magazine-food-exhibition-12

naoto fukasawa_all star_2007
Photo credit: Hidetoyo Sasaki

adf-web-magazine-food-exhibition-15

yakitori_puzzle_image_web
Photo credit: free

adf-web-magazine-food-exhibition-8

Celery
Photo credit: Sasha Flit

adf-web-magazine-food-exhibition-1

Photo credit: Elad Sarig

"Colored"

「視覚的な饗宴」という決まり文句は、味覚と視覚の間には切っても切れない関係があるという信念を裏付けているだけでなく、この議論は慎重に研究された科学的発見である。 「Colored」展は、さまざまな食品の色、風味、文化的意味を読み取り、解釈し、分析する視覚の能力に焦点を当てる。

adf-web-magazine-food-exhibition-4

Photo credit: Elad Sarig

adf-web-magazine-food-exhibition-16

Younès Klouche - TheFutureSausage_props.01
Photo credit: free

adf-web-magazine-food-exhibition-11.jpg

Lernert&Sander_ChocolateBunny_2007
Photo credit: Lernert&Sander

adf-web-magazine-food-exhibition-7

Cake_Holes_PinkCottonCandyCake_Bompas&Parr
Photo credit: JoDuck

"A Taste of The Future"

遺伝子工学、人工知能技術、人間の脳の複雑さを研究する新しい方法の目覚ましい発展によっても、過去20万年にわたって人間の本質的なニーズ、つまり生き残るために食べる必要性は変わっていない。デザインラボに展示されている作品は、五感のプリズムを通して食の未来を探求する。未来はまだ到来していないが、科学者、研究者、デザイナーはすでに過去と未来を結び付け、人間の想像力の限界を拡張し、起こり得る未来に具体化される可能性を明らかにしている。

adf-web-magazine-food-exhibition-14

turnip
Photo credit: Sasha Flit

adf-web-magazine-food-exhibition-17

Photo credit: Eli Buchbut

adf-web-magazine-food-exhibition-18

Shahar Kedem, Carrots 2, 2016
Photo credit: Shahar Kedem

adf-web-magazine-food-exhibition-9

Einat Arif-Galanti-JunkFood Mandalah-detail still 3-2021
Photo credit: Einat Arif

デザインミュージアム・ホロン

イスラエルで唯一のデザイン美術館で、世界で最も重要なデザイン美術館15つにランクされている。国際的に評価の高い建築家、ロン アラッドによる象徴的な建物内にあるデザインミュージアム・ホロンは、デザイナー、学生、クリエイティブ産業、一般の人々にとって重要かつダイナミックなリソースである。2010年の開館以来、この博物館では50を超える国際展示会が開催され、200万人以上の来場者が訪れている。