大衆文化の第一人者と写実画家のコラボレーション

根本敬濱口健による二人展「カラトリヲ」がWISH LESS galleryで2024年1月20日(土)から2月11日(日)まで開催される。本展は80年代より特殊漫画家として社会の闇や鬱憤を切り取り、日本のサブカルチャーを牽引してきた根本敬と写実画家として培った抜群の画力を駆使し熱狂的に支持されている濱口健による初の二人展となる。

adf-web-magazine-karatorio-wishless-gallery-1

©Takashi Nemoto & Ken Hamaguchi

adf-web-magazine-karatorio-wishless-gallery-3

©Takashi Nemoto & Ken Hamaguchi

無秩序で好き勝手に表される二人の世界は、綺麗事だけでは済まされない世の中の陰部を可視化している。あえて眼を背けてきた社会の裏側を彼らは私たちの瞼を思いっきりこじ開けて露呈させる。しかし、混沌とした作品を少しだけ違った視点で眺めてみると、そこには愛嬌たっぷりの笑いや美しい物事に溢れ、思いがけない思考や感覚の広がりを感じさせてくれる。本展では、濱口が師とも崇める根本敬と対峙し、互いに影響し合いながら清濁合わせ呑む初の試み。二人が本展のために描き下ろした共作を会場で初披露する。またスペシャルコラボTシャツも数量限定で販売される。

adf-web-magazine-karatorio-wishless-gallery-2

限定Tシャツ

根本 敬

1981年「ガロ」で漫画家デビュー。漫画と異なる表現の壁を-或いは現実の壁をぶち壊す。信条は「コミック雑誌はいらない」。近年の代表作は幻の名盤解放同盟の湯浅学と共にラジオ番組の体裁を以て「noise」を公共の電波で作品化した「ドントパスミーバイ」。また画集としてレコジャケを自身の解釈でカバーした「ブラックアンドブルー」(東京キララ社刊)がある。

濱口 健

1997年多摩美術大学の日本画卒。イラスト~美術のボーダーライン…というか、立ち位置のよく分からないエリアにてなんとか生き延びようと活動中の絵描き。近年は元々中心だった写実表現以外のことにもどんどん展開中。

根本敬&濱口健 二人展「カラトリヲ」開催概要

会期2024年1月20日(土)~2月11日(日)
時間12:00~18:00
休廊日月曜~水曜
会場WISH LESS gallery
料金無料
URLhttps://wish-less.com/